カテゴリー
jQuery PHP ただの現状記述 (Daily Activities) プログラミング (Programming)

アップロード完了

今 RAP and BEATという国際共同研究者主導型臨床試験を企画中です。このためのプロトコルたたき台も作成しました。世界中の研究者が参加しますので、それを討議する場が必要です。

このため、プロトコル討議用の掲示板を作成し、ようやくアップロードしました。入り口では共通のパスワードでプロテクトされていますので、一般からは閲覧不可能ですし、検索エンジンにもひっかかりません。

ここの仕組みを作るのに相当苦労しました。というのも、掲示板そのものは既に公開されているものを足掛かりに改変して利用させて頂いたのですが、枠組みを壊すとプログラムが走らなくなるし、かといって色々な部分を変えないとこの目的には使用できないので、大枠を壊さずにプロテクトページとすることに腐心したのです。

最初はセッションを用いずに jQueryのみを用いて行おう、と苦労したのですが、どう考えても不可能なので、jQuery + Javascript + PHP ($_SESSION)を用いてようやく目指すものができました。

カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities)

苦節25年間

昨日湘南鎌倉総合病院講堂で、「湘南鎌倉総合病院 救命救急センター指定 報告会」というのが開催されました。僕はその会の司会進行を司りました。

会には、逗葉地域の救急隊の方々、鎌倉市長はじめ、鎌倉市医師会会長などの方々のご列席も賜りました。

この指定を得た、ことはようやく行政にも当院が認められた、ということを意味します。

最初に私と塩野院長先生が挨拶を行い、ひき続いて鎌倉市長および、医師会会長よりお言葉を賜り、それから救命救急センター長 大淵よりセンターの紹介があり、最後に各関連診療科 17科の部長より診療科の簡単な紹介を行いました。これで丁度一時間が過ぎ、ひき続いて簡単なアルコール無しの立食パーティーを行いました。

今から25年前の、1988年11月1日に湘南鎌倉総合病院は、現在の岡本の地とは異なる、山崎の地で開院しました。その時の常勤スタッフ医師はたった 8名のみでしたが、現在は常勤医師数 200名にもなっています。8名の中で現在でも鎌倉の常勤医師であるのは、院長の塩野先生、外科主任部長の渡部先生、産婦人科主任部長の井上先生、そして私です。

当初は色々な難しい問題を抱えての船出でした。とても辛い日々でした。それでも地域の方々のご期待と支え、地域の諸先生方の応援などによりここまで至りました。現在では年間救急車台数13,400台という日本一の救急診療体制を有する病院になりました。

ようやく 25年がかかって 出発点に立つことができました。これからようやく日本のあるいは世界の一流の病院に伍して医療を展開し、医学を発展することができるようになったのです。気を引き締めて進んでいきます。