お盆も過ぎて

お盆の期間ずっと鎌倉で働いていました
とても忙しく、重症の方々がたくさん来られました 東京近郊の鎌倉では、普段東京の通勤され、少々の症状があっても仕事を優先され、ご自身の体についてケアされていない方々が多いのです そのような方々がまとまった休みを取ることができるお盆の期間に病院にかかられる、そのようなケースがあるのです
大体においてそのような方々は重症です しかし治療する方も治療のし甲斐があるのです とても良くなられてお盆が明ければ何事も無かったかのように仕事に復帰されるのです これって僕の目指す理想の治療体系かも知れません
そんなこと言いながら僕はこの土日もTAVIの必須トレーニングで新宿に缶詰なのです 自分自身の健康についてはあまりケアしていない、というのが実情なのです