今日も働いたぞー

5:00AM起床 暫く横になりながらRAP and BEATの EDC programについて考え、一時間

それから起きだして、カツオを切り、刺し身にして軽い朝食 そして、 6:30AMに自転車で自宅を出て 6:45AM病院着

本日の患者さんを診て、そしてカンファランス室でメールをチェックして 7:30AMより抄読会、それに引き続いてカテ・カンファ

8:15AM終了し、少し時間の余裕のある間に抄読会の内容をブログに uploadしてる内に時刻は 8:30AM

8:30AMより湘南鎌倉総合病院ハートチームによる TAVIカンファランス 本日は珍しく1例のみ

9:15ATMに手術場に入ったけれども、TAVI前に外来患者さんを一人診察する約束があり、呼び出され、外来へ そうそう この患者さんは今朝の血液検査が良ければ本日入院して午後PCIだった ということを思い出し そのように手配してから手術場に戻り

そして、TAVI あっという間に終了

それからPCIを1例して、そしてさっきの本日入院して頂いた患者さんのPCI 当初甘く考えていて 右橈骨動脈より右冠動脈の慢性完全閉塞に向かったのですが、とっても硬くてConquest-Proも歯が立たず 仕方なくそのまま左冠動脈に向かい、中隔枝経由でテクニックを用い何とかワイヤーを通過させ、その時点で右大腿動脈穿刺し、右冠動脈にガイディング・カテーテル挿入し、逆行性に通過して、右冠動脈慢性完全閉塞を直し、そのまま左冠動脈前下行枝近位部の 90%狭窄に対して薬剤溶出性ステント植え込み施行 このため、 15:00よりの午後外来に食い込み 結局

15:20より午後外来実施

ようやく 16:40に外来終了 これからさらに1例PCIが待っているけど、それは誰かに任せようかな?

本日は鎌倉ハートチーム全体の初めての懇親宴会が 18:30から開始です

毎日毎日こんな風にして時間が過ぎていくのです あああああ

思想の違い? あるいは放射性物理学の違い?

昔から疑問に思っていたことがあります 色々な方々に質問しても明確な回答が得られません

それは、放射線を使用する医学領域の検査において、被曝線量表示として、Gy (グレイ)と Sv (シーベルト)の二通りが用いられていることです

Gyは、心臓カテーテル検査装置において表示すれますが、胸部レントゲンや CT scanなどでは Svが用いられます

その逆、というのは世の中で見たことありません 何でなのでしょうか? 同じ放射線被曝という言葉でひっくくられる概念なのに何故異なるのでしょうか?

技師さんやプロの方々(つまりこれらの装置を制作しておられる企業の技術者)に伺っても、一様に「Svはあくまでも実際に放射線を受けた生体に吸収される線量であり、Gyはレントゲン装置が出す線量なのです」という訳の分かったような分からないような回答ばかりなのです

そんなことは物理学的定義として分かるのですが、何故それでは、CT装置ではGyで表示せず、また心臓カテーテル装置では Svでは表示しないのでしょうか?

この点についての回答は未だありません 僕の穿った見方としては、

  1. 心臓カテーテル装置では術者の被曝をも考慮しているため、術者に対する警告としてレントゲン装置が放射している放射線量を表示している
  2. 一方 CTでは放射線被曝するのはあくまでも患者さんだけなので、Svで表示する この際、術者の被曝というのはあり得ない

以上のような見解が現在の僕の理解です どなたか真実を教えて下さい