うーん 難しいけどがんばるぞ

先日の衝撃的な記事を受けて、関数型プログラミング言語 Haskellの勉強を開始しました 何でも毎年一つの新しいプログラミング言語に挑戦し続けることが、プログラミング能力を高める秘訣だそうですから・・・

その言語定義は、完全には日本語に翻訳されていませんが、詳細に定義・公開されています まあこのような文章を読んだだけで理解できるようになるには相当に訓練せねばならないでしょう

何はともあれ、その言語処理系が動作しないことには試すこともできません そこで、ここから OSX-Mavericks用の処理系をdownloadして MacBook Proにインストールしました ここで、コンパイラが Maverickから gcc (GNU Compiler Complex)から clangに完全に変更となっているため、パッチを当てねばならない、ということで、そのページにある Shell scriptをコピーして実行します

そうそう実際に OSX Mavericksに 実際に GHCをインストールして動かした報告がこのプログに書いてありましたので、とても参考にさせて頂きました

そうすると、ターミナルから ghci と打ち込むと Haskellがインタープリター・モードで動き出します

後は iPad-miniのKindleアプリにダウンロードした「すごいHASKELLたのしく学ぼう!」を読みながら勉強開始 長い旅路の始まりです

久しぶりの松本

昨日は信州大学循環器内科関連病院が集まる「信州ハートクラブ」での特別講演に呼んで頂きました この会は年二回開催されているそうで、第20回の会でした

若い先生方中心に50名以上でしょうか集まられました 長野県には僕の鎌倉での教え子、といってもあまり何も教えてイなかったかもしれないのですが・・・、が何人もおられ、それぞれ地元で頑張っておられます

宮下君は今や信州大学病院で血管内治療のエキスパートとして活躍されており、彼が座長を務めて下さいました

会場には現在長野赤十字病院院長をされている吉岡先生や、諏訪赤十字病院院長をされている大和先生もおられました

以前は松本市や長野市を頻繁に訪問し、各種のインターベンションをさせて頂いておりましたが、ここ何年もご無沙汰しておりました

とても懐かしく久しぶりの松本で過ごしました