そもそも辛いものがありますね

あっという間にロシアでの日々が過ぎ、過酷な現実に直面せざるを得なくなるのです 現実というのはしばしば暴力的であり、そこには理性も何もありません

さて、それはさておき、昨日はちゃんど TCT Russia 2016というロシアで最古の歴史を誇る学会できちんとお仕事してきました もっとも、先に書いたように、ライブは無し、であり、何だか気が抜けた感じでしたが。。。。

今回、TCT Russin事務局は僕のために何と、ボリショイ・バレーの観覧券を用意して下さいました 実際、このティケットは正規の価格でも 7,000ルーブル つまり現在の為替に合わせれば 15,000円ぐらいするティケットでした 座席は、4階バルコニー席であり、下を除けば舞台の真上であり、それはそれはすごい席でした その席の模様は写真で聴器にしましょう

当日の演目は、ロシアの人々には一番任期のある、「雷帝イワン」というものであり、ロシア王朝を発展させたイワン大帝が仲間の裏切りに怒り、本当の雷帝になる過程をバレーにしたものであり、ロシア人には一番人気のものでした 特にイワン役には超絶技巧のバレーが要求され、練度の高い聴衆の批判は想像を絶するものがあるのです この日は、非常に厳しい聴衆にも耐えられる素晴らしいバレーであり、カーテンコールは何回あったのでしょうか 10回くらいでしょうか とにかく聴衆一体となり、素晴らしい共同幻想論的興奮に包まれた瞬間でした

素晴らしいカーテンコール
素晴らしいカーテンコール
素晴らしいカーテンコール
素晴らしいカーテンコール

ところでボルシチの原料である野菜は、「赤かぶ」と日本では呼ばれていますが、実際にはそれは違うのです 実は日本である「カブ」の赤いものではなく、どちらかと言えば玉ねぎとか葉っぱの仲間であり、英語で BEETと呼ばれる野菜なのです その実物はこの可愛い民族衣装の女の子が持っている野菜なのです 日本ではあまり見られないですね

ボルシチ原料
ボルシチ原料

サンクトペテルスブルグの色々

この街は現ロシア大統領出身地として有名であり、ピョートル大帝がかつてモスクワから首都を移した場所としても有名です 従って古い歴史と文化に彩られているのですが、第二次大戦の時に、ドイツ軍によりほぼ徹底的に破壊され、それこそ焼け野原となり、現在の美しい街並は、ほぼ全て再建・再現されたものなのです

街中には美しい建物や、建造物があります

青銅の騎士
青銅の騎士
綺麗ですね
綺麗ですね

さらには 先に紹介した 「麺屋 正宗」という正統派ラーメン店がありますね

麺屋 正宗
麺屋 正宗
味噌ラーメン
味噌ラーメン
正油ラーメン
正油ラーメン
塩ラーメン
塩ラーメン

これで麺屋 正宗の三種類のラーメンを少しずつ食べたことになります 完食したかったのですが、カロリーなど考え、半分程度で我慢しました

そしてこの街で忘れてならない食べ物が、ビーフ・ストロガノフですよね 何とストロガノフ宮殿というのが現存し、そこにストロガノフ伯爵が編み出したレシピをそのまま伝えているレストランがあるのです

皇帝レストラン
皇帝レストラン
皇帝レストランの中
皇帝レストランの中
本来のレシピのビーフ・ストロガノフ
本来のレシピのビーフ・ストロガノフ
おいしくて完食
おいしくて完食
さっぱりした透明魚スープ
さっぱりした透明魚スープ
ビートからつくられるボルシチ・スープ
ビートからつくられるボルシチ・スープ
現在一般的なシチュー様 ビーフ・ストロガノフ
現在一般的なシチュー様 ビーフ・ストロガノフ
有名にピロシキ
有名なピロシキ