やはり自分だけではないのだ – メールの受信はできるけど送信できなくなる現象

最近 macOS Sierraの上で、Mac mail.app 要するに Macに標準でついてくるメールソフトのことですが、これを使用していると突然受信はできるけど、送信できなくなる現象に遭遇します それも一度ならず数回既にあるのです

どうも Wi-Fiネットワークが変更になるとその現象に遭遇しやすいように思いますが、確かなことではありません 何れにしても送信できなくなるので、アカウントの修正を行うのですが、送信サーバー設定を正しいものに変更しても、勝手に変な設定に変更され、結局はそのアカウントを一度削除して、新たに同じアカウントを作成しないと送信できなくなります

こんなこと、自分だけ起こる不幸な出来事かと思っていましたが、googleさんに相談したところ、見事ありましたね、しかも広島大学ですよ 見て下さい まさしくこの現象のことを僕は言っているのです

今度 Thunderbirdをインストールして試みようかな

新年も宜しくお願いします

皆様方 新年も宜しくお願いします

暮からお正月は如何お過ごしでしたでしょうか? 僕は毎年の如く自宅から一歩も外出せずにぐうたらした生活を過ごしてきました

そんな訳で仕事始めの本日も未だ調子に乗りません という訳で 昨夜から rubyの勉強を始めました 以前も何回か挑戦したのですが、挫折の連続でした 今度はどうでしょうか?

挫折した理由の多くは、rubyをシステムにインストールせねばならない、ということでした それはそれで簡単で良いのですが、問題は OSが汚れる、ということです

去年末よりとっつき始めた VirtualBoxに Vagrantを用いて guest OSをインストールするのはその点で良いのです guest OSと host OS、僕の場合には MacOS Sierraですが、その間は ssh (Secure Shell)を用いて通信し、あたかも host OS端末上で各種コマンドを走らせるかの如くとなるのです

今回は、Vagrantを用いてサーバー版の Ubuntu14.0LTSをインストールしたのです そして、その上で rubyをインストールして、というか Ubuntu14LTSにははじめから ruby 1.9.3がインストールされているので、rubyは最初から走ります ところがこの rubyは /usr/bin/rubyにマッピングされていて、要するにシステム領域なので色々と色付けできないのです

ちなみに、gemを用いて railsをインストールしようとしても、エラーが出ます 困り果てていて、挫折寸前になったのですが、エラーメッセージからgoogleさんに相談したところ、ありましたね この HomePageに回答があったのです この通りにしたところ、見事 ruby on railsをインストールできましたよ

と、これで $rails new rails_sample というコマンドで rails_sampleの下で各種ファイルが出来るべし と思ったのは甘かったのです なんとこれだと 2つの訳の分からないエラーがでてきたのです

そこで例によってもそのエラーをコピーして googleさんに問い合わせたらば、見つかりましたね ここですよ これによれば、そもそもの Vagrantfileという Vagrantが ubuntu serverを立ち上げる各種設定のためのファイル内容に間違いがある、ということになりますよね でもここで用いた Vagrantfileは純正のものであり、それが間違いを含んでいるとなると問題ですねえー 何れにしてもここに記載されているものに、Vagrantfileの内容を変更したところ、めでたく rails をインストールすることができました

[追記]

実はまだ難関があったのです bundle fileが同定できないみたいなエラーがこのままだと出現するのです これについても googleさんに聞きました その結果、

 $cd /home/vagrant/rails_sample/

としてから、

$bundle install --without development test

とすることにより bundleも成功してどうやらrailsを使えるようになったみたいです ここに至るにはこのページを参考にしました