カテゴリー
TAVI (経大動脈的大動脈弁植え込み術) ただの現状記述 (Daily Activities) デンマーク (Denmark) ノルウェー (Norway) フィンランド (Finland) 外国訪問 (Foreign Visits)

SirolimusかPaclitaxelか

昔は良く、SES (Sirolimus-Eluting Stent)か PES (Paclitaxel-Eluting Stent)か? なんて論争をやりましたよね 大抵は、そのどちらかの会社 具体的には前者は Johnson & Johnson Cordis、そのして後者は Boston Scientific の2つの DES大会社が後ろについて、色々な資料を準備すると共に、せんのう いや 失礼 言葉が悪く不適切、 丁寧な説明をしてくれて、その膨大なデータをもとに、「いやこちらのDESがいい」とか、「いやこちらのDESも決して悪くない」とか、「糖尿病患者さんにはこちらのDESが良いのだ」とかいう主張を高らかにする、その debateで時間が過ぎていき、簡単に一時間の講演が終わるのでした

かく言う私もそのような論争に加わっていましたね まあ実際にどちらのDESを実際の患者さんに植え込むかは、臨床試験の結果のみでは決まらず、色々な難しい判断がある訳ですが、医師たるもの、基本はその目の前の患者さんに対してはどちらが良いか、という判断を行っているものであり、臨床試験の結果には必ずしも左右されないものなのです

それに色々な臨床試験の結果は決して一律的ではなく、どちらのDESもサポートしてしかるべき結果なのです こうなると、何を信用して良いのか分かりません

さて、

 J Am Coll Cardiol. 2017 Feb 14;69(6):616-624.
10-Year Clinical Outcome After Randomization to Treatment by Sirolimus- or Paclitaxel-Eluting Coronary Stents.

Galløe AM, Kelbæk H, Thuesen L, Hansen HS, Ravkilde J, Hansen PR, Christiansen EH, Abildgaard U, Stephansen G, Lassen JF, Engstrøm T, Jensen JS, Jeppesen JL, Bligaard N; SORT OUT II Investigators.

という論文、実は今朝の循環器内科毎朝抄読会のネタだったのですが、まあこれによれば、SES or PES (具体的な商品名としては、CYPHER or TAXUSなのですよ、念のため)を植え込んだ後、年率 1.3%で両者ともステント血栓症が 10年まで一定の頻度で発生し、見方によれば、 CYPHERの方が TAXUSよりもその発症頻度が高い場合もある、という結果でした

うーん 何と言うか予想通りですが、これまで僕達が漠然と抱いたいた DES後のステント血栓症発生率は 年率 0.5%である、というイメージよりは大分悪いことになります

もちろん、CYPHERも TAXUSもDESとしてはポリマーが完全に残る第一世代DESであり、しかも、CYPHERは非常に固く、その力学的特性から慢性期には悪影響を及ぼしやすいだろう、という人もいたくらいです ですから結果に関してはそれほど驚きではないのですし、まあ10年もすれば、動脈硬化も進行するので、どこまでが植え込まれたDESによるものか分からないとも思うのです

実はそんなことを話すためにこの論文を引用した訳ではありません これは生き方の問題なのです

この論文・研究は 世界で住民が一番幸せ、とも言われている Denmarkで行われたものなのですが、著者リストの三番目に注目して下さい Dr. Leif Thuesenという名前があります 日本に SAPIEN-XT導入時 一年間に渡り日本国内に滞在され、Proctorとして日本全国を回られた先生です 実は彼は、もともとが Coronary Interventionalistであり、あの Bifurcation trialとして有名な Nordic Studyの中心人物なのです

彼は、Nordic Countries = (Denmark, Norway, Finlandというバルト海を囲んだ三カ国)を度々周り、カテ室を訪問して、このような studyの重要性を説き、そして臨床試験や臨床研究を次々と成功させてきたのです 何故この中に Swedenが入らないか? ですって 良い質問です Swedenには SCAR Registryという大掛かりなDESレジストリが存在するのと、とにかく一国で経済的にも人工的にも大きすぎ、あまり三カ国と一緒にできないのだそうです

思い出せば 2016年1月後半、Thuesen先生と一緒に僕も Baltic Countriesを周り 慢性完全閉塞PCIをしたり、SAPIEN3の植え込みをさせて頂いたりしたのです とても楽しく有意義でした その時のことはブログのここにあります

ココらへんのブログにも書きましたが、実は Thuesen先生は僕よりも5歳ぐらい年上の先生なのです その先生がPCIのみならずTAVIの世界にも入っており、現在なお第一線で臨床医として活躍されている姿 それを見て奮い立ったのです 素晴らしい

カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) インターネット一般 (Internet General) コンピューター (Computer)

結局これで良いのでしょうか?

最近は Dockerを触ることもほとんど無くなりました まさしく飽きっぽい 本当に根気がない駄目人間ですねえ

ところで、自分はレンタルサーバーを用いて Webを運用しています 例の以前サーバー情報を運用の誤りで全部消してしまった FirstS*****のレンタルサーバーを用いています いやああの時は大変でした 何しろ全ての情報が消えてしまったのです この時の緊迫した状況をこのブログに書き留めていました しかし、このブログそのものも消失してしまったので、その事故以降の記録ではあります

まあその話は怒りと共に蘇りますが、今はその話ではありません 僕が使用しているレンタルサーバーは Linux上に、Apache Webe Server + PHP + MySQLがついている、というものです つまりいわゆる LAMP (= Linux, Apache, Mysql, Php)なのです しかし、自分には root権限は無く、例えば Rubyを走らせようとしてもそもそも Ruby Interpreterがインストールされていないので動かせません Root権限が無いので、自分でインストールすることもできません こんな環境なので、そもそも Dockerをインストールできないのです

ここまで色々勉強してみると、Dockerなどをインストールしてコンテナとして色々なことを試そうと思えば、どうしても Root権限のあるレンタルサーバーにせねばならないのでしょうね

しかしこの場合には、Portを潰したり、Updateをしたりも自分でせねばならなず そんなに知識が無い自分には不釣り合いです ここまで考察すれば、Dockerなどに手を出す資格が無い、そういうことでしょうかね 残念ですが能力不足なので仕方ありませんね