本日はこれから院内講演会

本日は W治療を 3例しましたが、随分と進化しています 余裕で縦に三例可能です やはり静脈からのアプローチなので後は楽ですね

これから外より教授をお招きして院内で講演会です 座長を務めねばなりません 色々とお話を伺い勉強できるのが楽しみです

この治療は何だか僕の気性にあっているなあ

本日 6例目の W治療をしました 何だか既に体が覚えてきている感じです というか 何となく経皮的冠動脈インターベンションと似通っているように感じるのです

実は全く違う手技なのに何ででしょうかねえ mm単位の微細なコントロール しかも信じられないくらい強い力をかけねばならない時もあるのです その静と動、あるいは微かな力と、強力な力 それらの間というものが経皮的冠動脈インターベンションの世界に似ているのでしょうか TAVIとは全く異なる世界です

さらには、どんどんどんどん新しい治療が導入されていきます その際には、厳しい倫理基準の下で手続きに則っての臨床試験が必要です それでもそれらのややこしい手続きを乗り越えるだけの熱意が必要ですし、それをサポートする病院内の皆の力の結集が必要です もちろん頭だけではなく医術して技術的に完璧でなくてはなりません

うーん何処まで僕がこの未知なる道を進んでいけるでしょうか? でも今日の一例目の患者さんにヒントがありました この患者さんはこの湘南鎌倉総合病院循環器内科で20年以上前に急性心筋梗塞のために治療し、それ以降経皮的冠動脈インターベンションも何回か、その途中で色々な致命的な疾患にかかるも当院での治療で色々な疾患を乗り越えて来られ、また不整脈治療も行われ、それこそ何回も何回も大きな障害を乗り越えて来られたのです そしてもちろん現在は 80歳を超えられているのですが、未だにお元気で、今後の色々な病気の再発を防がねばならないのです

そんな中、今回のW治療は本当に必要とされている治療なのです それを行うことに邁進していく、それが僕の進む道なのでしょう 道半ばで倒れるまで続けなくてはなりませんね

この土日相当に悩んだぞ

この土日は、久しぶりにプログラミング・モードに入りました 日本循環器学会で配布されていたプログラム閲覧用Appに触発されたのです

昨年の鎌倉ライブHomePageは PHP/JavaScript/jQuery/CSS/html/MySQLを組み合わせて何とか付け焼き刃で作りました

それなりに使えるものであり、未だ HomePageは残してあります

しかし、これは本当に付け焼き刃なので、もう少しきちんとしたものを作りたい、そのためには Laravelを勉強しよう!!と思ったのですが、既に挫折しました とにかく PHP以外に学んだり、覚えたり、あるいは流儀に馴染んだり、そのようなことが多すぎます もう僕の脳みそは新たなものを取り入れる余地があまりありませんので、これは辛いのです

そこで、考え方を方向転換しました 「折角使えるようになっているPHP/JavaScript/jQuery/CSS/html/MySQLなのだから、そのまま推し進めよう」と思ったのです そして「余力が出れば Laravelなりを学べば良い」と思ったのです

それで、昨年のプログラムを見直しました こんな風体にしたかったのです

デモスクリーン

もちろん、下の大きなアイコンは navigatorであり、このアイコン集はどのページにも出現し、スクロールしても消えません このようなものを作りたいのです

これには、Bootstrapの navibar/dropdownコンポーネントを用いればそんなに難しくなくできる、ということは自分で分かっていました そして実装したのですが、どうしても

こんな風にDropdownしたいんだ!!!!

こんな風に(dropdownする)動かないのです いや、動いたり動かなかったり、と厄介なバグです

そしてついに原因をつかみました jQuery Libraryが version3.xであると動かないのですが、1.xや 2.xであれば動作したのです これには驚きました ちなみに 3.xでも動いていた時には次のようなコードを書いていたからです

<script src="http://code.jquery.com/jquery.js"></script>
<script>
	if ( !window.jQuery ) {
		document.write( '<script src="js/jquery3-1-0.js"><\/script>' );
	}
</script>

つまりこれであれば、on-lineであれば、CDNを読みにいっていますが、この読んだ先には、jQuery 1.xがあったからなのです

うーん時間潰しました