カテゴリー
Javascript Mac ただの現状記述 (Daily Activities) インターネット一般 (Internet General) コンピューター (Computer) プログラミング (Programming)

Herokuのアカウントを取得したのはかれこれ5年ぐらい前のことでした しかし、それ以降全く使用せず来ましたのですっかり忘れていました
今回そのようなことが起こらないように記録しておきます

まずは何はともあれ、 Folderの作成を行い、そこに cdします
そして、その中に javascript fileを作成していきますが、その前に準備として2つのファイルが必要です
#packaget.json

{
    "name": "nodesample",
    "version": "0.0.1"
}

そして

#Procfile

web: node samplapp.js

そして node.jsのプログラム ここでは

#samplapp.js にしています

var http = require('http');

var server = http.createServer();
server.on('request', doRequest);
server.listen(process.env.PORT, process.env.IP);
console.log('Server running!');

// リクエストの処理
function doRequest(req, res) {
   res.writeHead(200, {'Content-Type': 'text/html'});
   res.write('<h1 style="color:red;">');
   res.write('Hello World\n');
   res.write('</h1>');
   res.write('<p>This is my first deployment the program written in Node.js on Heroku!</p>')
   res.end();
}

この後

$git add -u

$git add commit -m “新たなプログラム”

$git push heroku master

とコマンドを発行すれば、インターネット上に公開されます 公開 urlは

https://shigeru-saito-tavi-cto-tri.herokuapp.com/

ですが、これはアプリ名を shigeru-saito-tavi-cto-tri という世界で一つしか無い名前にしたからです

カテゴリー
Mac Node.js インターネット一般 (Internet General) コンピューター (Computer) プログラミング (Programming)

Heroku

さてさて node.jsと言えばそれを用いたプログラムおよびサーバーをインターネット上に公開せねば意味は少ないでしょう ところが、レンタル・サーバーでこれを行うことは至難の技です

ところが、herokuというサービスがあり、これを用いれば当面無料で簡単なプログラムであれば公開できます

という訳で uploadしたのが これです このurlは https://shigeru-saito-tavi-cto-tri.herokuapp.com/

なのですが、これは世界で唯一の urlですので、誰でもアクセスできます

カテゴリー
Javascript Mac Node.js ただの現状記述 (Daily Activities) インターネット一般 (Internet General) コンピューター (Computer)

npmと node.jsのインストール

node.jsはサーバーでも作動する Javascript実行エンジンです その高性能さに注目を集め、巷では随分と用いられているそうです

今回この node.jsと、nodeで走る package managerを MacBook Proにインストールしました もちろんこれはコマンド・ベースでインストールする訳ですが、当初 homebrewでインストール試みたのですが、何か訳の分からないエラーがでてきて一生懸命 Netで調べ、ようやくインストールできました

node.jsの入門ということで ここを参照していますが すぐに「めんどくさい」という悪魔の囁きが聞こえてきます 困ったものです