それにしても今週の SHD interventionは早かったなあ

今週火曜日も経カテーテル的大動脈弁置換術 2例と MitraClip 1例をしたのです まあそれ自体日常的風景なのですが、すっごく早かったのです

一例目入室したのが 9:20AM頃 僕自ら患者さんの搬送をお手伝いしたのです この第一例目は S3でバッチリ ストレッチャに移動が 10:30AMぐらい そして第二例目が 11:10amくらいに入室 この患者さんは Evolut Proによりバッチリ これも早くて一時間かからずに終了

そして MitraClipは 12:00過ぎに入室 何と 14:00過ぎに二個の Clippingを行い、残存僧帽弁閉鎖不全が I/IV度以下で終了 バッチリです あまりにも早く終わりすぎ その後手持無沙汰となってしまいました

毎回こんなに早くパッパッと終わればどんなに患者さんにいいでしょうかね どうぞ大動脈弁狭窄症の治療そして僧帽弁閉鎖不全の治療には当院にいらして下さいね 齋藤 滋がお待ちしていますよっ

全く馬鹿なことをしてきた

この暑さに参っているのか頭脳の回転が遅くなっている 自分でもなんて馬鹿なんだと思うほど頭脳の回転が遅くなっている 知らない内に脳梗塞でも起こしているのだろうか?

自分の年齢から考えれば、さらには CHADS-VASCなども考慮すればその可能性は妥当である でも「自分だけはそんなことないよね」などとのほほんと構えている 自分がそんな人間だから患者さんの気持ちは痛いほど分かる そしてその気持が分かれば分かる程に患者さんのことを思う気持ちが高まっていく

とは言っても自分の頭の回転が悪いのは自分で許せない、何とか回転を早くせねばならない そんな時に立ち向かうのはやはりプログラミング でも自分はプロのプログラマではないので、アマチュアのプログラマなので、自称「アマグラマ」と呼んでいる

さてそのアマグラマが何とか少し頭の回転を取り戻したのが次の Web上での MySQLデータ修正の php program このデータというのは 実は 鎌倉ライブのweb公開用予定表 でも現在公開しているものとは不完全に修正書き換えしてあり、昨年の予定表も混在しているので混乱の的かも? まあしかし鎌倉ライブなんてそんなに世間の注目集めないのでこのまま混在していても開催までに修正すれば実害は無いのだろうと思って勝手に割り切っている

そもそも今年は鎌倉ライブ予定表のデータ構造を徐々に変更しようとしているのだ 何故ならばもっと論理的な整合性のあるデータ構造にすれば、その先修正はいらなくなるだろう と期待しているから

とりあえず、テーブルのカラムを一つ増やし、そのカラムに別のカラム上のデータを変換しながらコピーするプログラムを phpで書いたのである ばっかみたいなプログラムだけと暫くプログラム書くことから遠ざかっていたので書いている内にプログラミングの感覚が戻ってきてなんとなく自分が賢くなってきたように思うのだ

ということでそのプログラムの一部

$stmt = $pdo->prepare( "SELECT * FROM `session_tbls2018` WHERE '1' = '1';" );

try {
  $pdo->beginTransaction();
  $flag = $stmt->execute();
  if ( !$flag ) {
    $infor = $stmt->errorInfo();
    exit( $infor[ 2 ] );
  }

  $pdo->commit();
} catch ( Exception $e ) {
  $pdo->rollBack();
  echo "Failed to update Database" . $e->getMessage();
}
$rows = $stmt->fetchAll( PDO::FETCH_ASSOC );
$stmt1 = $pdo->prepare("UPDATE `session_tbls2018` SET `beginDate` = :beginDate WHERE `id` = :id;");

foreach ( $rows as $row ) { // 全てのデータ
  if ( ( $row[ 'id' ] > '171' )AND( $row[ 'id' ] < '186' ) ) {	//2017年 座学修正用
    $begintime = date( 'Y/m/d H:i:s', strtotime( '2017/12/09' . $row[ 'begin' ] ) );
    $stmt1->bindValue( ":beginDate", $begintime, PDO::PARAM_STR );
    $stmt1->bindValue( ":id", $row[ 'id' ], PDO::PARAM_INT );
    $stmt1->execute();
    try {
      $pdo->beginTransaction();
      $flag = $stmt1->execute();
      if ( !$flag ) {
        $infor = $stmt1->errorInfo();
        exit( $infor[ 2 ] );
      }

      $pdo->commit();
    } catch ( Exception $e ) {
      $pdo->rollBack();
      echo "Failed to update Database" . $e->getMessage();
    }
    echo $begintime . "<br>";
  }
  if ($row['id'] == 185) echo "座学が修正されました<br><br>";