本日は

本日は例によって 8:00AMより外来患者さんの診療を開始し、10:00AM終了 急いで通勤用自転車で自宅に戻り、10:205AMには羽田空港に向けてタクシーで移動、11:35AM羽田空港到着し、ANA便に check inして 12:00発の千歳行きにセーフでした

そして、そのまま札幌東徳洲会病院に移動し、15:00過ぎより、3例のPCIに入りました 中にはDiamondBackによる治療もありました なかなか困難な症例もありスリリングでもあり、また神経を使うものでした

札幌東徳洲会病院でも山崎 誠治 部長の指導の下、若い先生方が育っており頼れる組織になっています 実際経カテーテル大動脈弁植え込み術に関しては、北海道随一の経験数と、症例治療スピードの速さが際立っています PCIに関しても、虚血適応を厳格に守りながら症例数を積み上げております

実は数年前何名かの僕の配下となった若い先生方が辞めていき、山崎部長一人残られたのです 僕はその間、単なる支えのように札幌東徳洲会病院を定期的に訪れ続けました 既に最初から 10年間が経過してしまいました 早いですねえ 10年間なんてとても長い期間のように思えるのですが、あっという間でした

色々なことを考えますね 札幌の寒さのせいでしょうか

昨日は

なんだか忙しくてメールも見ないでどんどん廃棄している状態 昨日は経カテーテル大動脈弁植え込み術の日でした とっても重症な方々三名の治療があったのです

9:30AM出棟で、実際に開始したのは 10:00AM前でしょうか 二尖弁でありワイヤーのクロスに時間をとられました この部分は僕が行いましたが、その後はは全て部下が行ったのです 実際経カテーテル大動脈弁植え込み術を目指す若い医師にとっては当院はとっても良い研修の場となるのですがね・・・

そして二例目、3例目と進みました 3例目はまた輪をかけて重症の方で Peak Gradient = 150mmHgぐらいあり、治療が数週間遅れていれば手遅れだったと思います この方は Evolut Proで治療し、最初から久しぶりに僕が行いました 無事終了し、良かったです

そして四例目には MitraClip これも早くできました 1.5時間でしょうか 全て終了は 17:30でしたが、とっても疲れました 自分はもうインタベから足を洗うべきかも などと考えたりもします

まあ、このように比較的朝遅く開始し、一台の Hybrid カテ台を用いて、縦に入れ替えしながら4例の Structure Heart Disease Interventionを行い、17:30に終了することがコンスタントにできるようになったことは誇りでもありますし、Heart Teamの成熟度が示され、関係する職員の方々に感謝です