目指せ世界最高齢の現役バリバリ Interventional Cardiologist

先日は TokyoValves 2019において思いがけずも ○○歳の誕生日祝いをして頂きました

昨日は鎌倉七里ガ浜にある「鎌倉プリンスホテル」の「バンケットホール」において第7回湘南鎌倉不整脈研究会が開催され、僕も出だしの挨拶をさせて頂きました 会は 7:30PMにスタートし、 9:00PM

までとても勉強になる有益な発表および講演がありました 終了後、10:00PMまで懇親会が開催されたのですが、そもそも会の始まりからこれまでお世話になった先生方がたくさんいらして下さり、ご挨拶をする機会に恵まれました 嬉しかったなあ

鎌倉でカテを開始してすぐに見学というか、評価にいらして下さった Y先生、Y先生は米国留学から帰国後東京の大学病院で冠動脈バイパス手術をされていた先生です 先生も僕も忙しく長いこと言葉を交わす機会も最近ではありませんでしたが、久しぶりにゆっくりとお話することができました お互いにもう歳をとってきました 先生と初めてお会いしてから既に30年間経ちました

また、湘南鎌倉総合病院立ち上げの黎明期25年以上前に少ない研修医しか居なかった頃、循環器内科立ち上げに活躍して頂き、今は近隣で開業医として地域医療に専念されているY先生、M先生 すごく久しぶりにお会いして嬉しかったです そして昔に感謝です

鎌倉で現在活躍されているお医者さんだけでなく、鎌倉の隣の地域、逗葉地区 (伝統的に逗子と葉山を併せて、この天皇陛下とも深い関係のある地域はこのように呼ばれます)の逗葉医師会の先生方 A先生、T先生もいらして下さいました 先生方は未だ何もこの地域のことは知らない僕を 30年前に会食に呼んで下さり、葉山の海岸沿いにある有名な中華料理のお店で会食させて頂いたのです 今でも決して忘れることができない恩です

T先生は今でもすごくダンディで、お若いのですが、何と 91歳になられ、今でも現役で限定された患者さんの診察をされているそうです

皆と握手で挨拶したのですが、皆 「まだこれで終わりのつもりではないが、いつ永遠の別れになるかも知れないので、きちんと挨拶しておきたいのです」と言われました その気持は僕も同じです

さあ、世界最高齢の非常にアクティブで現役バリバリの Interventional Cardiologistとしてこれからもやっていくのです