本日は札幌東徳洲会病院で最初の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)

昨日は鎌倉でとても忙しく、昨夜遅くに札幌に入りました すっかり疲れ切り、そして昨夜はよく眠れなかったため、今朝は札幌東徳洲会病院らに 8:30AMに入りました

本日は第一例目の経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)の日だったのです 鎌倉から水野くんにも参加してもらい、9:30AM頃から開始となりました 僕は手技の監督というか指導というかそんな立場で手洗いして入りました 重度の開心術不可能な心房性機能性僧帽弁閉鎖不全の患者さんでしたが、2個のMitraClip植え込みにより僧帽弁閉鎖不全はほとんど消失しました

手技終了は 13:30くらいであり第一例目としては驚異的なスピードでした 鎌倉でも第一例目は5時間ぐらいかかっていました

これから経カテーテル大動脈弁植え込み術がありますが、それまでの間に皆で記念の写真を撮影しました

札幌東徳洲会病院経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)一例目記念
札幌東徳洲会病院経皮的僧帽弁接合不全修復システム (MitraClip)一例目記念

とんでもないことが・・・・

鹿児島徳洲会病院応援の一週間が終わり、それが終了してから本日でさらに一週間経ちました でもやはり色々なリズムが戻りません 虚脱感というか放心というか バリバリする気力が失せてしまった というか

それでも治療とかはきちんとやらねばなりませんし、集中と虚脱それが白と黒のように入れ替わるのです 結果として体のリズムが睡眠を受け付けません 睡眠時間が短くなり、かと言って起きている時間帯に何か有益なことをしているかと言えばそんなことは無く、Kindleで本をつまみ読みしたり、Web Surfinしたり、そんなとろこです 要するに受けた心の障害がなかなか戻らないのです

そんな中とんでも無いことが起きたのです

5月14日火曜日ですが、9:00 – 9:30PMまでの予定でアメリカとのテレカンが入りました これは Cardiovascular Research Foundation (CRF)からの直接依頼で予定がセットされました テレカンの内容については明らかではありませんでしたが、どうやら Martin Leon先生、Gregg Stone先生、Roxana Mehranせんせし、Gary Mintz先生達の主要CRFメンバーとのテレカンのようでした まあ緊張する相手とのテレカンですし、日本から誰が参加するのかも分かりませんでした

メールで提示されていたテレカンの電話番号はアメリカのもので、pass codeや何とかコードも提示されていました 時間が来ましたので、自分の iPhoneから国際電話をかけたのですが、pass codeや何とかコードを入れて#を押すと ピンポンと鳴ってから、女性の声で「テレカンに入りましたよ〜〜 今 *名が入っていますよ〜〜」ともちろん英語で言ってきましたので

“Hello! Good Evening or morning! This is Shigeru speaking.” と誰かわからない相手に話しかけました すると

聞き慣れた明瞭な Martin Leon先生の声で突然「齋藤 滋先生はこの25年間来の私達の友人です。1999年に2時間のライブ中継を TCT99 in Washington DCに鎌倉から一人で飛ばし、それにより経橈骨動脈的インターベンションが駆け出しました。それ以外にも数々の貢献をこの分野でされてきました」と何か僕に対する褒め言葉を次から次へと述べられるのです

僕は実際のところ、今年のTCT2019での日本セッションの組み立てなどをやる役目を割り当てられるのかな? そのように予想していました 何故ならば最近何年間もそのような役目を割り当てられ、演者割当や座長をさせられてきたからです

しかし、この電話の内容はどうも違う 何だ 何だ 何だかわからないぞ うーんどうやら称賛の言葉のようだ そうして電話口であまり言葉を発せず聞いていると、「齋藤 滋先生のこれまで世界に尽くしてきた功績は Awardに値するので、TCTとしてその栄誉を讃えたい ついてはこの申し出を受けてくれますか?」 そんな成り行きになりました そして、Leon先生のみならず、Stone先生、Mehran先生もMintz先生達に次々と電話口がかわり、同じようなことを言われ、結局その申し出を受けねばならないことになりました

あーん これは栄誉だけれど大変です まあこのような栄誉は長生きしてここまで現役でやって来たから付録のようについてきたのでしょうね そして何より僕を支えて来てくれた皆のお蔭です 最終的にはこんなメールも事務局から送られてきました

Dear Dr. Saito,
All of your friends and colleagues at CRF are excited to present to you the TCT 2019 Master Operator Award. We are honored that you have accepted, and we look forward to working closely with you and your team to make this a fitting tribute to your work and accomplishments.