San Francisco、そして日立の後はメキシコ

10月06日日曜日からはメキシコに飛びました そして、11日金曜日早朝成田に戻ったのです。今回は、メキシコ心臓病センター (INC)においてのワークショップと、その後の学会に招聘されたためです。メキシコには何回もこれまで行っているのですが、かれこれ1年ぶりでしょうか? 懐かしい気分でした。

中南米諸国にTRIを普及せんと活動してきました。大分疲れましたね。でもその成果は大きく、INCの中には Simulatorを含め、TRIトレーニング室が、日本国政府と共同で設立され、既に2年間が経過し、その間に、メキシコ全土でのTRI普及率は当初の数%から現在では70%に達しているのです。これにより、入院期間が短縮され、治療可能な患者さんの数も増加したのです。このインパクトは心臓発作が国民の主要死因であるメキシコではとても大きいのです。最後の日には、メキシコの先生方と僕が集まり、レストランで食事食べながらこれまでの総括と、今後の方針の話し合いをしました。とても有意義な会でした。

メキシコ医師たちとの話し合い

そして、金曜日は6:50AMに成田空港に到着し、それから自宅に一旦戻りシャワーを浴びて、そして病院に出勤、10:00AMより外来診療を開始しました。流石にその日は疲れました。