カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) イスラエル (Israel) 冠動脈インターベンション (PCI) 外国訪問 (Foreign Visits)

えっえっえっ そんな

久しぶりにイスラエルに来ました 最初にイスラエルに来たのは 1999年のことでした その時は ICI (Innovative Cardiovascular Intervention)という学会に招聘され、講演をしました。もっともその時は少し名前が違っていたように思います。この時は時間もあり、あの「死海」でも浮いた記憶があります。

そして、二回目は2004年であり、この時は JerusalemのHadassah Medical Centerから Tel Avivの会場にCTO症例のライブ治療をしました。それからあっという間に15年が経過したのですね。この間何回も招聘が来ましたが、時間の都合で断ってきましたが、今回ようやく訪問する機会がありました。かつての旧友 Chaim Lotan先生とも親しく話をすることができ、またこの学会には全米から著名な先生方も必ず参加されるので、今回はその中の数名の方々と色々な打ち合わせをしました。

その中の記念の Planary SessionここはA, B, Cという3つの会場を一つに合わせ、1,000名ぐらいが座っておられましたが、そこで突然 Lotan先生が僕の名前を呼び上げ、どこどどのようにして集められたのか僕の昔の写真がスライドで次々と映し出され、最後に ICI Mater Operator’s Awardというのを受賞したのです。全くの予想外であり、何の事前通告も無く、突然のことだったのです。

まさしく、「ゲゲゲ」という感じでした。このような時には皆の前で気の利いたことを喋らねばなりませんよねっ。当然です。

そこで即興で数分間皆の前でお話をしました。日頃思っていること、日本から革新的な気概が少なくなっていること、どうすれば良いか、日本独自の文化と外からの交流、それが大切であり、きっと日本は come backする そんな話をしました。まあそれでも上手にやり遂げました。我ながら褒めたいものです。

記念のスピーチ
記念のスピーチ
皆の前で
皆の前で