福岡空港ラウンジ

金曜日は唐津で、そして昨日土曜日には福岡で講演させて頂きました 福岡は、福岡TRIカンファランスという会でのもので、その発足当時2006年からほぼ毎年呼んで頂き、講演をしてきました。

毎年同じ会で講演する、というのは、まるで寿司屋さんに、毎晩通って、寿司の大将と勝負するようなものです。ネタの種類や、〆かた、あるいは捌き方を試し、挑戦しているようなものなのです。

毎回同じことを話していれば、「なーんだ、この一年間何の進歩も無いのね」と、誰しも思うでしょう。

しかし、現実は厳しく、一年間でそんなに自分を新たな領域に持っていくことなんてなかなかできません。逆に言えば、この会で鍛えられている、ということにもなる訳です。

唐津では、初めて「鏡山」という唐津のシンボルの一つである、小高い山に登りました。標高280メートル余りで、頂上には鏡山神社と、つつじ園という日本庭園があり、そこからの景観は玄界灘を一望に、そして、唐津の別のシンボルでもある、唐津城と、虹の松原の壮大な景観を望むことができます。昨日は雪の影響でそこまで見通せなかったのですが、晴れていれば壱岐の島まで見ることができるそうです。

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です