函館「ばる街」と久しぶりの自転車ツーリング

s20130421-032004年から函館では旧市街を中心に、年2回春・秋と、それぞれ一日ずつ バル街 という催し物が開催されているらしいのです 僕はその存在を全く知りませんでしたが、何と今年の春は 市立函館病院を訪問し、PCIをさせて頂いた 4月19日金曜日がまさしくその日だったのです

PCIを大成功に終了し、そのまま バル街に繰り出しました このバル街というのは、旧市街にあるレストラン、バー、その他のお店が協力して、それこそスペインの BARのように、ちょっとした飲み物と、ピンチョス(スペイン語で爪楊枝のこと、翻ってそれが爪楊枝で刺してとめてあるおつまみを指す)を楽しみ、場所によってはライブ演奏も楽しめる、という粋な催し物です 今年は何と68のお店が協力しました

参加者は事前に5枚綴りのチケットを購入します 当日券では 4,000円ですが、前売り券は 3,500円とお得です バル街に参加しているお店に行き、そのチケットを差し出すと、チケット1枚に対して、飲み物とピンチョスの組み合わせ一セットが出てきます そして幾つかのお店ではライブ演奏していますので、その演奏予定時刻表を見ながら次々と移動して楽しむのです

今回僕は、8箇所のお店を渡り歩き、5箇所でライブ演奏を楽しみました 最初にピアノとフルートの演奏、フルートには 市立函館病院カテ室でもお会いしたことのある放射線技師の方が演奏されていました その次に、ギター独奏、次にバイオリン、ピアノ、コントラバス、パーカッションによるバンド、そして次はあの有名な洋食屋「五島軒」で、本格的なバンド演奏、これは20名ぐらいの金管楽器を中心とした本格的なバンド演奏でした、おまけにピンチョスには、あの有名な世界で一番おいしい、とも言われている五島軒のカレーも出てきたのです、そして、最後はもう築何十年という「函館市公会堂」で開催された、チェンバロ、フルート、トランペット、サックス、パーカッションそしてボーカルによるコンサートで締めくくりました

こんなにたくさんのライブ演奏を聴いたのは初めてで感激しました その一部写真は昨日掲載しましたね

そして、昨日4月20日土曜日は久しぶりに自転車ツーリングに行きました コースは大沼駅出発し、森町までの約 50Kmであり、最初の30Kmぐらいは下り基調です 基本的に「駒ヶ岳」を左に見ながら回り込むコースでした 良かったですねー、久しぶりの長距離なのでとても辛かったのです 特に、海岸に出てからは強い向かい風、そうですね向かい風5m以上あったのですはないでしょうか 5mということは時速にすれば13Km/Hですので、自転車の僕の巡航速度が20数キロとすれば、いかに強い向かい風かがお分かりでしょう

それに大沼駅を出発しだす頃から何とヒョウが降りだし、とても寒い中で震えながらの出発でした ずっと天気は悪かったのです

ということで写真を掲載します

出発点大沼駅駒ヶ岳s20130421-04

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です