何だかなあー

僕は高年自転車乗り
青年でもなく、中年でもなく、高年の自転車乗り
だってそうでしょ60歳をゆうに越しているのだから
大腿四頭筋の筋力もついたかと思えば、翌日にはまた戻ってしまう 明らかに中年の時とは違うし、ましてや青年の時とも違う
そんな高年自転車乗りが、自転車を乗ろうとする気力を維持するのは、筋力の維持以上に大変なことです きっかけが必要です 今さら女の子にもてたいなんてものは動機になりません もっともっと純真な動機が必要です
そんな中で、「あの自転車乗りたい」「あの自転車ならばもっと自分の力を出せるのでは」などというのはすごく純粋で強力な動機となります
暫く前に、それまで愛用していた10年近く前に購入した TREK Top-Fuelという TREKの Mountain Bikeでは最高級のバイクを初めてオーバーホールに出しました TREKのマシン、これは純粋に Made-in-Americaですが、とても信頼性があります ギアなどは当然のことながらシマノの最高級グレードです 特にどこが悪い、ということはなく、時期も来たのでオーバーホール、という感覚だったのです
自分ではすぐに上がってきて、すぐに新しくなったマシンでよりやる気を出して自転車によるトレーニングに入れるつもりでした
しかし、一週間たてど、二週間たてど、全く戻ってきません
今朝、あれは何時だったのか? と伝票、だって既に点検修理代として4万円近くを支払っているのです、 それを探し出してみました 裏には200円の収入印紙が貼ってありましたので、正式な伝票であることは間違いありません
receipt1
何と 5月26日です!! いったい何週間経ったのでしょう???
これっていくらなんでもひどいですよね、この間、僕はいわれなくこの Top-Fuelに乗ることができずにいるのです どう思われますか? いくらなんでもひどくないですか? もしも追加修理代が必要となった場合、これでも僕は支払わねばならないのでしょうか?

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です