新しいサンパウロ

サンパウロには 1999年の訪問してからもうかれこれ 10回近く訪問しています しかし、今回のサンパウロはこれまでと一味違いました
まずは 酷寒 これには驚きました これまで何時来ても短パンが似合う気候だったのです 本当に驚きました
そして、この一年で急速にレベルの高い和食の店が何店もオープンしていることです これも最近のパリ同様に新鮮でした パリの和食レベルはここ数年で無茶苦茶進化していますが、それに負けないぐらいの進化です
特に、昨年春からの公正競争規約強化を受け、やはり日本のお店は影響を受けているのでしょうか 若い板前さんの中でやる気のある人たちが一念発起して単身サンパウロに渡り、素晴らしい和食の店を開店させているのです
僕が今回訪れたのは 
酒蔵「阿吽」 あうんと呼びます ただ、アルファベット表記は SAKAGURA Al です ここには何と 札幌ススキノにある寿司の名店「さい藤」で 2012/09月まで板前さんをされていた坂本さん、という方が10月から単身渡ってきてここに雇われて素晴らしい仕事をされていました
そして、今朝のライブの後驚いたのは「勘」という開店して丁度一か月のお寿司屋さんです カウンターも8席くらいしかない小さな店ですが、未だ一か月にもかかわらず既に予約がとりにくい状況です ここの板さんも、それまで東京の「勘」で働いていて一念発起し単身サンパウロに渡り、昔からある名店寿司「勇」で一年間働いた後 開店したのです いや素晴らしかったです

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です