カテゴリー
ただの現状記述 (Daily Activities) メキシコ (Mexico) 外国訪問 (Foreign Visits)

本日の病院訪問

今朝は 7:00AM前にホテルを出発し、まずはメキシコ海軍病院に行きました ここでは本年鎌倉で JICAのプログラムで研修されたメキシコの先生方の中の4名の方々がTRIを二例やられ、それを僕が評価しました

そして、それからCTOの一例を自分自身でやりました シネを見た時に、これは不可能でしょ という感じでしたが、とにかくやりました 苦労の末に何とかワイヤー (Conquest-Pro 12)が左冠動脈前下行枝CTOの先の大きな中隔枝にやっと抜けたのです しかし、バルーンは通らず、また Tornusなどはなく、アンカーかけるにも適当な場所は無く、このため子カテを用いようとしたのですが、何とその時点で左主幹部遠位に血栓が形成されていることに気づきました これはIVUSで確認したのです 血栓吸引しても全く引けないのですが、この状況で左主幹部に子カテをつっこむことは危険と判断し、またとにかくCTOが固いので そこで撤退しました

この時点で既に 2:30PM頃になっていたのです、それからメキシコ国立循環器病センターに移動し、ここではやはり弟子の一人の先生がTRIをやられるのを評価しました

メキシコでは、現在激しいストライキがメキシコ・シティーで繰り広げられていて、激しい交通渋滞となります 何でも小学校や中学校の教師達がメキシコ全国からシティーに集まりデモを繰り広げているのだそうです しかし、その理由というのが、これまで小中学校教員には資格試験、というものが存在せず、代々教師の任命が引き継がれてきただけらしいのです 最近ではその資格を売り渡したりということも行われていて、とにかく一定のレベルを維持できないため、国会で教師の国家試験を行う、ということがつい最近決まり、大統領も承認したのです これまでのうのうと過ごしてきた教師にとっては、これは既得権益の侵害となるため、激しいデモをシティーで繰り広げているのです

このため、国際空港に向かう道路も閉鎖されたり、無茶苦茶です テレビのニュースでは、そうやって泊まりがけで地方から出てきてデモを行っている教師が、何とテレビカメラの前で平気でマリファナを吸ったりしているのです ひどいものです

これから過去二回にわたって行ってきたこの対メキシコJICAプログラム、その生徒、生徒といっても、メキシコを代表する中堅の循環器インターベンション医師に育ち、この国でのTRIの普及に尽くしている10名あまりの先生が集まり、これから僕を囲んで夕食会です そろそろ出かけてきます

作成者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer.

Winner for Master Clinical Operator Award in TCT 2019.
Winner for Ethica Award in EuroPCR 2015.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です