Outlookでメール接続できなくなるトラブル

成田空港ラウンジでインターネット接続していたところ、突然 Outlookでメール接続できなくなったのです この間何も新たなソフトもインストールしていませんし、環境も変えていませんでした

環境は MacBook Pro OSX10.8の上に、Parallels Desktop 9.0をインストールし、その上に Windows 7 Professionalがインストールされ、その Windows側の Outlook 2010でメール受信ができなくなったのです

そして、エラーとしては、証明書に問題があり、サーバーが拒否しました、というものです なになに? 証明書? そんなもの最初から知らないよ

でしたが、色々調べるとどうもメールのヘッダー部分にこれが正しいメールであることを証明する証明書がつけられているらしいのです そして、その証明書がおかしいため、メール・サーバーが危険なメールとして排除するらしいのです

でも何もいらっていないのに何故? それで調べるとどうも Avast!というフリーのAnti-Virus softwareが間違った証明書を添付させているようなのです

でも、Windowsには Microsoft Essentialでビールス対策していて、Avast!はインストールしていないのです しかし、Mac側ではそれをインストールしているのです

ここでParallelsのインターネットとの通信の仕組みですが、Windows 7でインターネット・メールを出すと、それがParallelsというレイヤーを通って、Mac OSX側のインターネット・ソケットに渡り、そこで実際のインターネット通信が行われる、そのようなものだと理解しているのですが、この過程で、どうもOSX側で Avast!が余計な間違った証明書をつけているのた、そのように解明しました

そこで、Avast!をアンインストールしたところ、見事に解決したのです きっと Avast!がウィルス定義を自動的に upgradeした時にバグが混入していてこのようなトラブルとなったのでしょう

ついでに Avast!の代わりに Sophos Anti-Virusというフリーソフトをインストールして MacBook Proをフルスキャンしたところ、何と Trojanが二匹見つかりました

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です