連日疲れますが とても楽しいですし 有意義ですよ

さてさて今週はここ数年続いている JICAの官民連携プロジェクトの真っ最中です このプロジェクトは、JICA (Japan International Cooperation Agency: 国際協力機構)と我々が連携して行っているものです

具体的には、これまで齋藤 滋がPCI指導に訪れた中南米の国々から若手の循環器医師を JICAの予算として受け入れ、彼らをトレーニングすると共に、彼らが帰国してからその成果があがっているか否かを検証するために、再び齋藤 滋がその国を訪れ確認する、というものです 当然のとこながら、各国現地の日本国大使館も動いて下さります

これまでに、具体的にはメキシコを対象に行なってきましたが、当初メキシコでの経橈骨動脈的冠動脈インターベンション普及率は数%でしたが、現在は 50%ぐらいで経橈骨動脈的冠動脈インターベンションが行われるまでになりました また、コロンビアでも経橈骨動脈的冠動脈インターベンションの普及は微々たるものでしたが、現在ではやはり 50%に達しています

経橈骨動脈的冠動脈インターベンションの普及というのは、これらの成長著しい国々において、国民に対して安価にPCIを提供できるソフト的資産として僕は捉えているのです これらの国々では心臓病による死亡が死亡の第一原因であり、この治療のために多くの予算が費やされているのです

今年はメキシコから 5名、そしてコロンビアから 5名の医師を受け入れ今週一杯トレーニングしているのです トレーニングの内容は simulatorを用いたもの、僕の配下の若手医師による各種の講義、朝のカンファランス参加、朝の抄読会参加、そして齋藤 滋による手技の見学などなどです そして夜は、ラテンのノリで宴会となります

正直連日の宴会もありクタクタですが、日本国のために頑張るんだっ

今朝も早朝より皆を引き連れて羽田空港へ、そしてこれから札幌東徳洲会病院心臓センターに出かけます 僕は午前中外来診療を行いますが、その間に彼らは講義を受けます そして、午后からは僕の手技の見学となります もちろん夜はビール園での宴会ですね

そして、明朝早くに羽田空港に戻り、再び鎌倉に戻るのです

ラテンのノリで宴会です
ラテンのノリで宴会です

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です