素晴らしいTAVI手技

本日も3例のTAVIを行いました 何れもご高齢というだけではなく、multiple comorbiditiesを合併されていて、非常に重症な方々でした

このところの睡眠不足で、朝 7:00AMに出勤しても体がシャキンとせず、頭の回転も体の動きも鈍い、そんな印象でした 「このまま本日のTAVIに入るとまずいぞ」と、自分で思っていました

7:30AMからの循環器科抄読会と、それに続く循環器科カンファランスが終わっても未だダメでした

そして、8:30AMからのHeart Team TAVI Conferenceにそのまま突入したのですが、最初は頭が回らずにいました しかし、やはり自分はプロですねえ 段々と普段の絶好調な状態に自分を持っていくことができました

そして、実際の手技開始は 9:45AM頃になっていましたが、第一例目 あっという間に終了 絶妙の弁の植え込みにて終了 患者さん自身が驚かれる程の圧倒的なスピードでした

30分間の breakを置いて、次の患者さん とても小柄な患者さんであり、色々な落とし穴がある症例でしたが、これも素晴らしいスピードで終了

そして最後の患者さんは、とても困難な危険な患者さんでしたが、これもスピードに勝るテクニックは無い、とのモットーに従い素晴らしいスピードで終了

何と実際には 9:20AMぐらいに第一例目が手術室に入室してから、第三例目が手術室を出て ICUに入ったのが 14:50くらいですから、1例あたりのスピードが如何に素早いか? それが明らかだと思います縦に一室のみでの時間ですよっ

そして、15:00より外来診療をしました 外来が全ての診療行為の入り口であり、とても大切なのです 外来診療をしないインターベンション医師なんて バカではないの

患者さん方は皆様お元気で 治療をした甲斐があります

それにしても当院Heart Teamは和気あいあいと、的確に無駄なく連携して動いています 本当に素晴らしいHeart Teamです

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です