いやあすごい世界観です

独学で 1967年頃より、関数電卓のプログラミングに始まり、色々なプログラミング言語や方法論を勉強してきました 中には感覚的に分かりやすい言葉もありますが、おおかたの言葉は理解困難あるいは理解不能であり、かといって周囲に聞けば教えてくれるような人も存在しない環境では、その分からない状況を引きずってきました

この中で、関数型プログラミングや遅延評価といった言葉も含まれます このページではこれらに対してわかりやすく説明されていて新たな世界が開けた気分です

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です