赤道直下の国 エクアドル

Ecuadorという名前の由来は、その国が赤道 (Ecuator)直下にあるからです 実際には、エクアドル最大の都市グアヤキルは赤道よりも南、つまり南半球にありますが、首都であるキト (Quito)は、まさしく赤道直下にある大都市なのです その人口は200万人であり、インカ帝国および、その先住民族が開いた街で、標高 2,600 – 2,800メートルにあり、周りを最高 6,000mもある高いアンデス山脈に囲まれ、幅 4Km、長さ 50Kmという細長い都市です

実は今回エクアドルに日本から入るため、色々なルートを検討したのですが、一回の乗り換えのみで効率的に入るためには、New York経由で良い、ということになりました 実際、行きは Guayquilに入るのに、JFKで3時間程度の乗り継ぎであり、非常に便利でしたが、問題は戻りだったのです どうしても Guayaquilから JFKに戻る便で良いのがありませんでした

しかし、Quitoからであれば、良い便があり、このためもあり、帰国前に Quitoに移動し、つまり Guayaquil –> Quito –> JFK –> Naritaというルートにしました

Guayaquil – Quitoの間は500Kmぐらいですが、その間はものすごい山道であり、飛行機で飛びました 飛行時間は 40分ぐらいなのです

折角その Quitoに入りましたので、赤道直下を見学することにしました Quitoの街は激しく起伏し、空気が薄いのもあり、初めて訪れて歩くのは辛い感じです

500年前にスペイン人が征服した後、スペイン風の街並を造り、その街並が今も旧市街には残りガラパゴス諸島と共に、キト旧市街は第一号の世界遺産に指定されたそうです

旧市街を見下ろす丘の上 (標高 3,000m)には、羽根があるマリア像が立ち、街を見下ろしています

街を見下ろすマリア像
街を見下ろすマリア像
羽根の生えたマリア様
羽根の生えたマリア様

旧市街にはたくさんの教会がありますが、比較的新しく建造されたゴチック風の教会が旧市街と新市街を分けるように建っています

ゴチック風教会
ゴチック風教会
丘から見下ろした旧市街
丘から見下ろした旧市街

実際に赤道の直下に行きました そこでは本当に赤道ラインの北 2mぐらいと、南2mぐらいで実際に水を流して実験すると北半球側では反時計回りに水が渦を書いて流れ、南半球側では時計回りに渦をかいて流れました これは地球の自転に伴うコリオリの力というものです

そして、生卵を釘の上に立たせることもできるのです (いや実は僕はできませんでしたが・・・)、さらには目をつぶってまっすぐ赤道の上を歩こうとしてもふらふらして歩けません これは、両耳の三半規管にコリオリの力で反対向きの影響が及ぶからです

実に不思議な体験でしたが、このキトには、本当の赤道(これは GPSで確認され、水の流れでも裏付けられました)と、かつてフランスの学者さん達が発見した歴史上公式の赤道記念碑の2つがありました

本物の赤道
本物の赤道
赤道記念碑
赤道記念碑

そんなこんなで、激しいエクアドル訪問を今回無事に終え、良い交流をすることができました

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

「赤道直下の国 エクアドル」への1件のフィードバック

  1. 激しいエクアドル訪問レポート、大変興味深く見させてもらいました。楽しかったです。写真もクリアーで綺麗で何度も見入ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です