これから危険なバングラデシュ

現在シンガポール空港ラウンジでバングラデシュのダッカ行きの便を待っています BIT (Bangladesh Interventional Therapeutics)という学会から招聘されました

海外からの招聘者は、Alain Cribie先生、もちろん TAVIを人類の歴史上初めて実際の患者さんに対して行い、その患者さんの命を助けた伝説的な医師ですね、それと Ferdinand Kiemeneiji先生、この先生も、経橈骨動脈的冠動脈インターベンションを世界で初めて行った超有名な先生ですよね、そして小生のみです

この学会からは2年前にも招聘され、訪問直前に当日 現地情勢が危ない、ということで急遽キャンセルしました

今回も、バングラデシュ国内では政治的に不安定で、野党が大規模な暴力的ゼネストを行い、バスにも爆弾が投げ込まれるような事態となっているようです

しかし、学会主催者の万全の態勢を信じ、今回は訪問することに決めました

さてさてどうなることやら 決して「自分だけは安全さ」などとは思っていません ひたすら危険を避け、危ない橋はは渡らないようにします

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

「これから危険なバングラデシュ」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です