大きな思い違い

いやー 知らなかった 大きな思い違いでした

何が思い違いか? と言えば、今回の学会 BITのことです 僕はこれを勝手に Bangladesh Interventional Therapeuticsの頭文字だと思い込んでいたのですが、学会長の Afzalur Rahman先生と話をしている中で、この学会は、バングラデシュのダッカ、インドのコルカタ、そしてネパールの三ヶ所を回り持ちで行う学会だ、との説明があったのです

Afzalur先生と
Afzalur先生と

僕の記憶が正しければ(正しいのですが)、バングラデシュは、その昔(1971年)に当時のパキスタン(その当時は東パキスタンと西パキスタンに分かれていました)から、東パキスタンが独立して樹立された国家であり、またそもそもパキスタンは、インドの一部であったのが、ヒンズー教主体のインドから、イスラム教主体のパキスタンが1947年に分離独立したものであり、このような歴史的経緯から、バングラデシュはインドとあまり仲良く無い、そのように思っていたのです それなのに、Bangladesh Interventional Therapeuticsと堂々とバングラデシュと歌う学会が、どうしてインドを含んでできるのか理解できなかったのです

ところが、よくよく見ると間違いでした 正しくは Bangla Intervetnional Therapeuticsであり、そのまま日本語に訳せば、「ベンガル語圏インターベンション治療学会」ということになるのです それで知ったのですが、インドのコルカタ( = カルカッタ)も、ネパールもベンガル語を話すベンガル人が住んでいる地域・国家であり、何の障害もなく、BITを行うことができるのだそうです ちなみに、バングラデシュの90%はイスラム教ですが、10%はヒンズー教と少数のキリスト教だそうです 日本と異なる複雑な宗教と言語、そして歴史に翻弄されている国なのですね

さて今回 Kiemeneij先生は、オランダ外務省からのバングラデシュ渡航自粛要請と、スキポール空港までの電車の事故などのため、さらに航空券がキャンセルになったりと重なり BITには出席できませんでした

Invited Foreign Faculty
Invited Foreign Faculty

しかし、Alain Cribier先生はご参加され、TAVIのこれまでの歴史、そして現在の France Rouenでの最新の治療についてご講演を頂きました 非常に勉強になり、また直接親しくお話できました 彼とは昔僕が初めて中国に経皮的冠動脈インターベンションに入った1991年頃より、度々中国やインドのライブデモンストレーションで相まみえ、その当時からお互いに知り合っていました 彼もそのことについて講演の中でお話されていました 嬉しいものですね

Cribier先生、Afzalur先生達と
Cribier先生、Afzalur先生達と

昨日は僕も講演、Cribier先生も講演と同じセッションで時間を過ごしました そして、本日は僕はライブデモンストレーションのために、United Hospitalという private hospitalに出かけました この病院は金持ちや外国人のみが訪れる高級病院であり、日本にそのまま持ってきても通用するとても奇麗な病院でした

United Hospital
United Hospital

ライブデモンストレーションは10:30 – 12:00の中継で行われました ちなみにこの中継のために、画質を重視し、衛星通信が使われたのです この衛星の費用だけで日本円にして 400万円かかり、その多くの部分に Afzalur先生は自費をつぎ込んだそうです

僕に割り当てられた症例は右冠動脈の慢性完全閉塞を有する 57歳の男性で、これまで左回旋枝にステント植え込みがされました 左冠動脈前下行枝から心尖部経由でほぼ直接右冠動脈末梢につながり、そのルートを行くのが得策と考えましたが、問題はそのルートの著明な蛇行と、左冠動脈前下行枝の病変でした これに対して、経大腿動脈的冠動脈インターベンションで入り、まず左冠動脈前下行枝を IVUSで観察したところ、有意狭窄と、石灰化を数箇所認め、結局左冠動脈前下行枝にも薬剤溶出性ステントを二本植えこみましたが、これも石灰化のためなかなか入らず double wireなどを使用しました

Live in United Hospital
Live in United Hospital

その後 beatingに同期させながらルートの蛇行を巧みにクロスし、右冠動脈末梢に入りましたが、慢性完全閉塞部分の通過に少し手間取りました 最終的には Reverse CARTOを行い externalizationに成功し、最終的には右冠動脈にも3本の薬剤溶出性ステントを植え込んで終了しました IVUSで見ると、完全にtrue lumenをワイヤーは通過したのです

Congratulation
Congratulation

会場は大興奮し、Afzalur先生も喜んであられました また、患者さんのご家族も握手を求めてきました この事実上バングラデシュ初めてのライブデモンストレーション放映が成功して僕も嬉しいものです 自分では随分と時間かかったように思いましたが、手技開始 10:10AMから終了 11:50AMときちんと放映時間内に終了したのです

斎木先生ご夫妻と
斎木先生ご夫妻と

カテ室には、在バングラデシュ日本国大使館医務官の斎木先生と奥様もいらして下さり応援して頂きました ありがたかったです

この後、会場のホテルまで戻ったのですが、戻りは渋滞にハマり、行きは30分かからなかったのですが、戻りは1時間かかりました ホテルに戻ると丁度 Cribier先生が出てこらられ、”Congratulation! Fantasic!”と握手を求めてきました これも嬉しかったですねえ

そして遅い昼ごはんを食べ、今は 16:30までホテルの部屋にいるところです 本日は夕ごはんを在バングラデシュ日本国大使とご一緒に大使公邸で戴いた後、22:30頃発のシンガポール航空でシンガポール経由羽田に帰国します 日本着は2/08 (日)の 15:30頃です

とても慌ただしく何の観光も無い初めてのバングラデシュ訪問でしたが、一言で言えばこのバングラデシュは 「20年前のインド」という感じでした その言えば僕が初めてインドで経皮的冠動脈インターベンションをしたのは丁度20年前のことでした

いやいや大切なポイントを忘れていました バングラデシュは一言で言えば、「今から 20年前のインドのよう、但し街中に牛はいない」でした

 

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です