Portable HDへのバックアップ

1TBの SSDを搭載しているMacBook Proを持ち歩いているので、その中にあるデータは僕にとって過去の自分の歴史25年間ぐらいが詰まったとても貴重なものです
パソコンは機械ですので何時障害が起こるかも知れません そんな時にはSSDの中の貴重なデータも消失してしまいます 実際過去にそのようなことが何回か僕の身にも降りかかりました 一番良く覚えているのは、15年ぐらい昔のことです その当時、Sonyの VAIOを持ち歩いていたのですが、タイのバンコクで突然変な音がすると共に VAIOが立ち上がらなくなったのです
記憶ではあの時は Spencer King III先生とご一緒していました 僕は正直真っ青になったのです 当時は未だ Portable HDと真に呼べるような小型のHDはとても高価であり、持ち歩いていなかったのです
ただ幸いなことに、その当時から OS boot領域は HDへのアクセスが頻回なので破壊される危険性が他の領域よりも高いことを知っていまし そして、新しいパソコンを入手すれば、まずは必ず HDの partitionを切り、Drive C:に対して OSを Clean Installしていました そして、Programは C:¥Programに、データは全て D:に入れていました
このバンコクで起こったことは、多分当地の湿気も絡んでいたのでしょうが、C: driveがクラッシュしたのです
仕事を早々に切り上げ、成田に戻り、知人の会社にそのパソコンを運び込み、HDを VAIOより取り出し、そのHDを直接他のマシンに接続し、D: drive dataを安全な他の HDに完全にバックアップしました
これでその時までの僕の人生のかなりがリカバーされました
この事件以来、僕は必ず portable HDにデータはバックアップすることにしました

さて、MacBook Proですが もともとHDは存在せず、SSDしかありません そんな訳で HDシステムよりは安全ですが、それでも何時障害が起こるかも知れません これに備えて常に複数の Portabld HD (1TB – 2TB)にバックアップしていますが、もともと OSXには TimeMachineという簡単で優秀なバックアップ・ツールが存在します これを用いれば簡単なのであり、実際にそのようにしています
しかし、時に個々のファイルや個々のフォルダをBack Upする必要もあります
これには

$ rsync

という bash shellのコマンドを使用します 実際先の TimeMachineも内部的にはこのコマンドを用いている、という話です

ところが、いちいちこのコマンドを打つのは結構面倒です そこで、僕はその Portable HD上に、command.shというシェル・スクリプトを書き込み、このスクリプトを走らせれば目標のフォルダをバックアップすることができるようにしたいと思いました

まあ小さな小さな Unix Programmingということになりますね

この続きはまたね

 

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です