次の勉強に着手

色々な Web Siteを創っています 本来 Web Pageは静的な HTML言語を用いてもともと作られてきました しかし何時の頃からか時代の要求に応じて動的なものに変化してきました

その動きを実現する要素技術として、サーバー側では Perl, PHP, Ruby, JAVAなどに代表される言語があり、またデータ格納のための、SQL言語を扱うシステムがあり、そしてクライアント側では CSS, Javascriptがあります

Javascriptは時代と共に進化し、Web pageで動きをつけるためには無くてはならないものとなっています その文法は分かりやすくもありますが、落とし穴が多く、Javascriptそのものを用いて少し大きなシステムを創ろうとすると途端にはまってしまいます

これを解決するために昔から Javascriptの上に上位言語を創るという試みが行われてきて、それに成功した代表例が jQueryなのです

しかし、jQueryでも不十分な要求がどんどんあふれ、それを解決するために、TypeScipt, AngularJS, CoffeeScriptなどが創られてきました 要するに新たに勉強しても次々と新たなことが生まれてくるのです

そんなにこちらもついていけません

でもね、心の中で要求が生まれ、それが次第に大きくなっていくのです 挑戦です 今そんなで挑戦しているのが D3というものです これは、基本的に Web Page上でダイナミックにグラフを描く、そのための言語なのです Javascriptによって組み立てられたメタ言語なのです そして、html5になって普通に使用できるようになった SVG (Scalable Vector Graphics)という素晴らしいシステムを使いこなすための言語なのです

とは言っても難しいです でもチャレンジです 楽しくて楽しくて仕方ありません

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です