パリ翌日

さて、パリで SAPIEN-3の植え込みを行わせて頂き、その後 「来々軒」でたらふく朝食兼昼食をとり、それから2時間の眠りにつき、夜はホテルから歩いて10分ぐらいのピザ屋さんに行き、夕食はピザを食べたのです

そしてコテンと寝てしまい、とは言っても時差ボケなので 2:30AMには起床、そして MacBook-Proで色々とプログラムの断片を書き、5:30AM前には check outしてタクシーで Massyに向かったのです

案の定ガラガラの道であり、またしても 6:00AM前には病院に到着してしまいましたが、昨日と異なりこの日はライブ放映日で、クルーも準備に入っていました きっと 5:00AM頃から準備に入ったのでしょう

これが日本だと前日から仕込みに入るのが普通でしょうが、ここでは違うのですね 当日朝から仕込みに入るのです 衛星中継をミスることがない、という自信と集中的に働く、という習慣の違いでしょうか 随分と異なりますね

7:10AMより僕の中継が始まる予定でしたが、患者さんがカテ室に入って来られたのは6:30AM頃、そして実際僕とか Lefevre先生が手洗いしたのは 6:40AM頃でしょうか 割とギリギリ感を持ってライブに入りました

まずは 6:50AM頃より対側大腿動脈・静脈穿刺し、造影しながら同側大腿動脈穿刺し、そこからだったかな? 中継に入りました 二つ Prosterをかけ、それから何時もの如く淡々とTAVIに移行しました 逆行性ワイヤー通過はスムーズであり、またS3の非前拡張での通過もスムースでした

そうそう患者さんは Conscious Sedationという状態で全身麻酔しておらず覚醒状態です 従って経食道心エコーもありませんし、もちろん気管内挿管もしていません

S3植え込みも完璧に決まり、Prosterで止血終了して何もやること無くなってしまったのは未だ 6:40AM頃でした その後サマリーとかして、次の症例に中継を渡したのは 6:45AM頃でしょうか

SAPIEN3
SAPIEN3
SAPIEN3
SAPIEN3

この二例目の中継がトラブったのですが、僕も林田君も外にいたので詳しい状況は把握できませんでした しかし、その混乱にも影響されず林田君は9:10AM頃より開始されきちんと第三例目をS3で完璧に治療されました

11:00AM頃には僕たちは皆様方に別れを告げ、さあ何処に行こうか?という話となりましたが、やはりまた「来々軒」に行ってしまいました またまたたらふく 14:30まで来々軒で食べたのです そして、そのまま荷物をゴロゴロ引きながらパリの街をサンジェルマン・デ・プレ教会まで30分ぐらい散策し、とあるカフェに入り、そこでチーズを肴にワインを飲みながらバリの街を行き交う人々をぼけっと眺め、「ああ ついにやったなあ」と歓びを分かちあったのです

17:30にはタクシーでシャルルドゴール空港に向かい 21:20発の Air Indiaでデリーに飛びました

と言うわけで現在は Ahmedabadにおり、これからライブ術者です さあ頑張りましょうね 「全く、お前 歳を考えろ、幾つまでそんなヤクザな人生送っているんだ」という声が聞こえてきそうです 実際に自分の中でそんな声が聞こえてきます

「でも こんな人生やっぱり楽しいもんね」です

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です