XQuartzの困った動作

OSXは Unixですので本来の window systemはX11という有名なソフトが使われます もっとも通常OSXとして動かしている時にはX11でなくApple純正の Aquaというソフトが画面描画をするのです

しかし、もともとUnix/Linusで開発されてきたソフトの中にはX11を前提に動作するものがあります 既にX11に関してはライセンスの問題か何かでAppleと切れてしまい、現在はOpen Sourceで開発されている XQuartzというものが使われています 最新versionは 2.7.8です

これが困った動作をすることがあるのです それは full screen modeで立ち上がった時です こうなると X11がMacの画面を支配してしまい、ユーザーが普通に見るデスクトップが隠れてしまい、結果的にコントロール不可能となるのです 今気づけば簡単なことなのです 要するにX11をインストールした時に full screen modeがdefaultの状態だとこの現象が起こります

このような状態になった時には command + option + Aを押して下さい これで full screen modeから解除されX11も一つのwindowと成り下がりますので安心ですよ ちなみに、X11の有名ガジェットである、xcalcとxeyesも立ち上げましょう 楽しいですよ

Quartzのメニュー
Quartzのメニュー
Full Screen Modeのチェックボックス
Full Screen Modeのチェックボックス

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です