やはり時差ボケが

先週は2週間に渡る南米の旅でしたので、すっかり体内時計が反対になっていました それでも今週の月曜日からきちんと仕事したのです 火曜日にはまたまたTAVI縦3例をこなしました 最近は縦3例のTAVIというのは苦痛でも何でもありませんし、その後外来診療も普通にできます

とは言ってもやはり体内時計は完全には戻っておらず、また本日金曜日は昼に講演がありましたので嵐の中東京に向かいました

そして12/11(FRI)の22:00に鎌倉をまた出発し、現在は羽田空港国際線のラウンジで12/12(SAT) 1:05AM発のフランクフルト行きの便を待っているところです 予定では 12/12(SAT) 5:00AM頃にフランクフルトに到着し、少し休んだ後で、空港内のホテルで夕方まで会議があるのです 会議の内容はTAVIに絡んだものです

そして、12/12(SAT) 20:00頃の飛行機で羽田に戻り、羽田には 12/13(SUN) 16:00頃に到着という完全日帰りフランクフルト出張を貫徹するのです

流石に羽田のANA counterでチェックインする時に初めて戻りの便の boading passをも同時に渡されるという初めての経験をしました

会議に参加して有意義な時間を過ごせるように期待し、頑張ります

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です