いやあ素晴らしい

さてさて今朝も羽田空港ラウンジにいるのです これから千歳に飛ぶのですが、何やら「雪のため羽田空港に引き返す可能性があります」とのアナウンス まあしかし、そのようなアナウンスこれまでに何回も聞きましたが未だそのような目に遭遇したことはありません

さて、昨日は前夜自転車を病院に置きっぱなしのため、朝歩いて出勤 そして例によってカンファランス、そして8:30AMよりTAVIカンファランスに入りました 昨日はあるTAVIのプロクタから独立しての実施でした 二例を治療させて頂いたのですが、何しろ早かったなあ 我ながら いや我がチームなが とても早かったなあ 特に一例目はそれこそ「あっ」という間も無く最高の出来で終了

二例目は我がチーム始まって以来の最重症症例 何と大動脈弁口面積は 0.2CM^2なのです 最大流速も 6m/Sec、これなんかもあっという間に大動脈弁クロスし、圧較差測定したところ 150mmHgです すごいですねえ しかも肺が非常に悪くて気管内挿管困難な患者さんでした これに対しても素早く治療し、我らながら「うわあ こんなにも良くなるのか」と感嘆した結果でした

進歩の早いこの領域 早くこれらの治療が普遍的に行えるようになれば良いですねえ 色々な縛りがあるためこのようなもったいぶった言い方しかできないのですよ

でも確実に言えることは、この症例は少し前であれば助けることはできなかったでしょう 早く自由に使いたいなあ

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です