本日は新古賀病院訪問

昨日(3/11 金曜日)の夕方の便で福岡空港に入りました そこから久留米市にある新古賀病院を訪問したのです 新古賀病院はもう40年近く前から循環器診療に深く取り組み、その実績は知れ渡っています

現在では川崎先生が取り仕切り、とてもアクティブな循環器診療病院として全国的に活躍しています その新古賀病院では新しい病棟を建てたのを機に、心臓センターを一新されたのです 真新しいカテ室ができたのです

昨日はまず病院の新しい講義室で講演をさせて頂きました タイトルは「分岐部病変」でした そしてその後皆で夕食を摂り、その夜は西鉄久留米駅近くのホテルに一泊しました

新古賀病院スタッフと、芹川先生
新古賀病院スタッフと、芹川先生
新古賀病院スタッフと
新古賀病院スタッフと

そして今朝は 8:40AM頃病院の心臓センターを訪れ、皆でカンファランスの後、右冠動脈のCTO症例一例をPCIさせて頂きました 中隔枝ルートは存在せず、epicardial routeによりPCIを行い、最終的に2時間かからず終了することができました 少しextravasationを認めたのですが、コイルを一つ植え込み漏れは無くなりました

新しいカテ室で非常に快適にPCIを行うことが出来ました ありがとうございます

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です