事の真相

どうも昨日 uploadした事実は時に遭遇した事は、根が深い可能性があります 先週まで中華人民共和国では、その共産党政権で一番重要な全国人民代表者会議(全人代)が開催されていました 当然のことながらこの期間は中国政府によるネットの監視もきつくなり、多くのサイト(正確に言えば IP address)が遮断され、中国国内からはアクセスできないようになっていました この遮断は完璧に為され、例えば外国を経由してアクセスしようとしても弾かれてしまうのです

昨日もホテル(Hotel Intercontinental Beijing)の客室からアクセスした時も挙動がおかしいのです これはやはり大きな政治的集会の前後であり、中国政府によってアクセスが制限されていたと考えるのが自然なように思います

国家としてインターネットのアクセスを制限することに対して僕は必ずしも反対ではありません 例えばテロや殺人を助長するようなサイトがあったとすれば、それは国家の責任で排除せねばならないと思います ですから、今回の全人代前後の極度の制限に関しても、自分が中国人民でないのですから、とやかく言う立場ではありません ただし、日本で同様のことが為されれば、猛反対しますけどね

良く知られて実はほとんどの人が知らない事実ですが、中国以上にシンガポールではネットの検閲、制限が厳しく行われています ネットといえどもその情報伝達のためには、有線(電気ケーブルや光ファイバー、海底ケーブルを介した電話回線や、通信回線)あるいは無線(WiFi、衛星通信、無線電話・通信回線)によってしか情報を伝達できません シンガポールは地理的にマレー半島から海峡を隔てて存在していますので、地政学的に隔絶するのがたやすいのです それで昔からシンガポールではインターネットの検閲および制限が行われてきました

まあ日本のようにどんなサイトにもアクセス可能というのも少し問題なように思います こんな僕は保守的ですかね

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です