Gwangju (光州)で見た現実

今週の木曜日から本日土曜日(6月09日から11日)は久しぶりに韓国南部 全羅南道の中心都市 光州(グワンジュ)に行きました この都市は、韓国の中でも首都ソウルに対抗する都市として存在があり、これまでにも韓国大統領 例えば 金 大中 (キム・デジュン)の出身都市としても有名で、韓国の暗い過去の一つである光州事件の現場でもあります

ソウル国立大学に対抗する国立大学としては、釜山国立大学が有名ですが、それ以外にもっと強力なのが、全南国立大学(チョンナム)なのです それがこの光州にあります これまで毎年のようにここで開催されるライブに呼ばれていたのですが、2013年を境に忙しさにかまけて参加できませんでした

今年ようやく参加したのですが、そこで見た現実は、何と僕が Invited Faculty membersの中で最長老となっていたことです 時間は確実に流れ、これは現実として仕方ありませんが、そのような歳になった、と言うことです

今回もライブの術者として一例治療しましたが、簡単な症例でした うーんという感じですが そのような立場として受け取られているのでしょう それがすごくショックでした

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です