メキシコからアメリカへ

10月25日に成田よりSan Franciscoに飛び立ち、そこで4時間ぐらいの transitの後、MexicoCity (CDMX)の空港に到着したのは、同じ25日の夜 9:00PM頃でした

相変わらず飛行機の中でもあまり寝れず また時差ボケもひどかったのですが、和食に行きました

その翌日からは JICAのお仕事で TRI training center関連で色々な打ち合わせなどをしたのです これには JICA、日本国外務省、日本国大使館のみならず、メキシコ側からは、メキシコ保健省、メキシコ外務省そして、国立循環器センターなどが絡んでいてメキシコで非常に多い急性心筋梗塞を駆逐するために、多くの医師を育てるというものです 僕は最初からこの設立に関わり責任者ともないっています

時差ボケに苦しみながらもあっという間に日にちは過ぎていき、29日土曜日には TCT 2016 in Washington DCに参加するために、アメリカに飛び立ちました

DCに到着したのは同日の 15:30ぐらい そこから Marriott Marquis Hotelに直行し、そこでは 16:30からの予定で Evolute-R Proctoringが開催されたのです 参加者は SJ Park先生に加え韓国の先生合計 3名、インドからは Ashok Seth先生そして日本から私でした 結構遅くまで開催され、終わったのは 19:30でした

もう時差ボケでフラフラでしたが、頑張って 大鍋屋 (DAIKAYA)という DCでは一番美味しいと誰しも思っているラーメン屋さんに行ったのです 相変わらずここのラーメンは美味しいものです

そして、今日こそはたくさん寝れるかと思っていたのですが、やはり 30日 日曜日も 2:00AMに覚醒し、その日の講演スライドの最終チェックを行いました 日曜日には朝から夜まで 自分の発表、座長、そして治験の打ち合わせなどで時間が過ぎていき 本日 31日月曜日発の ANA便で帰国します

この一週間 ずっと時差ボケで毎日 2時間ぐらいしか眠れていません 年々歳をとるに従い時差ボケがひどくなっていきます

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です