そうかついに分かったぞ

そもそも何で Webプログラム書くのに、いちいち Vagrantや Dockerなどを入れねばならないのでしょうか? どうして XAMPPではいけないのでしょうか?

そんな僕の素朴なギモンになかなか答えてくれるサイトは見つけられませんでした もちろん色々な理由を書いてあるのですが、「だから結局なに?」なのでした

本日激しい雪の札幌から千歳に脱出する途中でようやくひらめいたのです 結局これが真実でしょう

  • まず、通常のレンタルサーバーを借りて、そこに Web Siteを構築するのであれば、テストを走らせる local環境は XAMPPで良い 一番簡単だ
  • しかし、レンタルサーバーと言っても、root権限を持つことができる少し高級なものであれば、そこに php, mySQLその他をインストールせねばならず、ネットワーク環境の設定などややこしい問題が発生する、ここでは XAMPPを用いてプログラムを書いても、そのプログラムが自分で構築した LAMP環境で動くという保証が無い
  • だから、自分のマシンのローカル環境の中で仮想化ソフトである Vagrantや Dockerを用いて動く環境をつくり、そのコピーをroot権限のあるレンタルサーバーにそのまま持っていけば良い

ということなのでした 振り返り自分はどうか? とても root権限をてなづけることは能力的にできそうもありません 時間的にかな? そうなると XAMPPでプログラムを書き、それを通常のレンタルサーバーに持っていく、という戦略が正しいように思います

ああ 年末からかかりきりとなってきた VirtualBox + Vagrant + CentOSとの戦いは何だったのでしょうかね でも、ついにCentOSで phpMyAdminが動くようになったのです 遅々たる歩みではありますが進化していますね

本日の激しい札幌の雪はこんなでした

1月13日の激しい札幌の雪

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です