JPEGハフマン・テーブル – 解読実践(10)

さあここまでで準備できたので、少しはプログラムらしくしてみます


struct HUFFDECODE {
  int numHuffElement;  // ハフマン符号語の総数
  int * HUFFBITS;   // ハフマン符号語長
  int * HUFFCODE;   // ハフマン符号
  int * HUFFVAL;    // ハフマン符号が表すデータ
}

typedef unsigned char u_char;   // 短縮形の定義

u_char BITS[16];  // 何ビットのハフマン符号が存在するか?

// データのセット 実際のプログラムではファイルから読み込む
for (int i=0; i<16; i++) { // データをセット
  BITS[i] = 0x00;
}
BITS[1] = 0x01; BITS[2] = 0x05; BITS[3] = 0x01;
BITS[4] = 0x01; BITS[5] = 0x01; BITS[6] = 0x01; 
BITS[7] = 0x01; BITS[8] = 0x01;

int sum=0;
for (int i=0; i<16; i++) {
  sum += BITS[i]; // これでハフマン符号語の総数を求める
}
//
// ハフマンテーブル領域の動的確保

ああダメだ 挫折 少し頭を冷やしましょう

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です