昨日は当科としてはじめての ELCA

僕自身とエキシマ・レーザーとのつながりはとても長く、実際にレーザーにより患者さんの治療を行ったのは前任の関西労災病院ででした

ですから、1983年頃でした その頃は Excimer Laserというものは未だ臨床では使用されていなかったように思います やはり当時はその発生には有毒ガスが必要だったからではないでしょうか 従って臨床で使用可能なのは YAGレーザーであり赤外線波長のものであり、熱を発生されるレーザーでした

当時、一人で気管支ファイバー検査を行い、TBLB (Trans-Bronchial Lung Biospy: 経気管支的肺生検)を行ったり、肺がんの診断を行ったりしていました もちろん心臓カテーテル検査の傍らにです 未だ経口気管内挿管下での手技が一般的だった中、いち早く経鼻非気管内挿管で行っていました いやああの頃は自分で論文を色々読んでそれを実践していましたね 進んでいました あの頃の進士の気構えが今は自分にあるのでしょうか?

まあそれは自分自身の問題ですが、昨日は 足利先生にプロクタして頂き、鎌倉としてははじめての ELCAを 4症例に対して行いました 足利先生のご指導が素晴らしく、いずれも合併症無く成功裏に終了しました

自分自身 Eximer Laserを用いたのはもう今から 20年以上前に行われた DMR (Direct Myocardial Revascularization)の治験でです これはエキシマレーザーを左室内心内膜側から心外膜側に向けて発射することにより、直接心内膜側から心筋内に新たな血管を作る、という野心的な治療法でした もちろんターゲットは心筋梗塞近位部の虚血領域です この国際共同臨床試験および日本国内治験は実際に開始されました 鎌倉からも数例登録されましたが、残念ながら途中解析で優位な臨床効果が得られない、ということが判明し、米国を含め全世界で試験が中止となったのです

しかし、ELCAは繰り返すステント内再狭窄や血栓リッチな病変、あるいはディバイス通過不能症例にはとても良いでしょうね また、当院では以前よりたくさんの症例を行っているペースメーカー・リード抜去においても同じレーザーマシンが使用されます というよりも当院では数年前よりリード抜去を行ってきましたので、 ELCAは今更ながら遅い導入でした

ここまで導入が遅れたのは、これまでの僕自身のなんとなく Eximer Laserに対する悪い印象があったからです でもそんな今更根拠の無い印象で新たな治療法を取捨してはいけませんね

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です