Laravel再開

一度は挫折した Laravelに再度チャレンジです Macでインストールするのと Windows10でインストールするのでは大分やり方が異なるようです

Windows10では まずは XAMPPをインストールした方が良いようですね それでは まずは Macから ここは Terminalでの作業になりますね

まずは composerのインストールです これは簡単ですよ
$brew install composer

ところがここで以下のような膨大なエラー出現しました

==> Downloading https://getcomposer.org/download/1.8.0/composer.phar
######################################################################## 100.0%
Error: parent directory is world writable but not sticky
Please report this bug:
  https://docs.brew.sh/Troubleshooting
/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/2.3/usr/lib/ruby/2.3.0/tmpdir.rb:93:in `mktmpdir'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/utils/fork.rb:28:in `safe_fork'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/formula_installer.rb:743:in `build'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/formula_installer.rb:317:in `install'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/cmd/install.rb:326:in `install_formula'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/cmd/install.rb:256:in `block in install'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/cmd/install.rb:254:in `each'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/cmd/install.rb:254:in `install'
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/brew.rb:88:in `'

こんなことで慌ててはいけません 何だか rubyで書かれた Homebrew管理プログラムが色々とシステムに書き込もうとする時に「それは越権行為だ!」というようなエラーですね こういう時は Google叔父さんに聴いてみます 検索したのは

Error: parent directory is world writable but not sticky
Please report this bug:

というものですが、そうすると早速このページにヒットしました これに従い$ sudo chmod +t /private/tmp
$ sudo chmod +t ~/Library/Caches/Homebrew
とすると Treminalからは何の返答もありませんが、再度 $brew install composerと打つと

==> Downloading https://getcomposer.org/download/1.8.0/composer.phar
Already downloaded: /Users/transradial/Library/Caches/Homebrew/downloads/5f21a93cda75f6de1acae0850021a00add848552341d23d14aa9e6afc17de4dd--composer.phar
Error: The `brew link` step did not complete successfully
The formula built, but is not symlinked into /usr/local
Could not symlink bin/composer
Target /usr/local/bin/composer
already exists. You may want to remove it:
  rm '/usr/local/bin/composer'

To force the link and overwrite all conflicting files:
  brew link --overwrite composer

To list all files that would be deleted:
  brew link --overwrite --dry-run composer

Possible conflicting files are:
/usr/local/bin/composer
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/composer/1.8.0: 3 files, 1.8MB, built in 2 seconds

というように何だか インストールされたみたいです ただ、僕の場合には既に composerがインストールされているのでそれを修正した方が良いよ と出ているようですので、この指示のとおりに$ rm '/usr/local/bin/composer'
$ brew link --overwrite composer
$ brew link --overwrite --dry-run composer
とすると見事にアンイストールできました そして今度は Laravelのインストーラーをインストールするために

$ composer global require "laravel/installer"

とすると 何やらたくさんのファイルが downloadされて インストール準備段階に入りました

実はこの段階でこのインストーラーなどのパスを通さねばなりません それで

export PATH="$PATH:$HOME/.composer/vendor/bin"

という一文を ~/.bashrcの最後に書き加えねばなりません これには vimとか visual studio code (VisutalStudio Code = VS Code)を用いねばシステム領域の書き換えはできませんので、

$ code

とコマンドラインから VS codeを立ち上げようとすると何と以下のエラー出現

/Users/transradial/.pyenv/shims/python: line 21: /usr/local/Cellar/pyenv/1.2.6/libexec/pyenv: No such file or directory
/usr/local/bin/code: line 10: ./MacOS/Electron: No such file or directory

さあ困った そこで、今度は”/usr/local/Cellar/pyenv/1.2.6/libexec/pyenv”で Google検索するとすぐにここにヒットしました この指示のとおりに

$ pyenv rehash

としたところ解決し、VS codeをコマンドラインから立ち上げることが可能となりました 要するに pyenvという python仮想環境が少し破壊されたので、それを自己修正したのですね さて、このようにそと VS codeでパスを無事通し、それを現在のコマンドラインに反映させるために

$ source ~/.bashrc

したところ、無事

$ laravel --version
Laravel Installer 2.0.1

となり さあこれで laravelをインストール可能となりました

さて、今度は Windows10でも行いたいと思いますが、こちらは仮想サーバーを別に立ち上げねばならないのかな? それとも php artisanコマンドで十分なのかな? 未だ検証していません これからの楽しみですが、時間があるかなあ???

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です