しばらく寝ぼけていたら

さて、パリからは木曜日夕方 5月23日に帰国しました パリでは official rolesが3つ、これはやらねばなりません、それだけでなく、private meetingsがたくさんあったのです その中で今後の新しいデバイス開発の方向性が決まったりするので気が抜けません 結局毎日 8:30AM頃から夜のdinnerまで予定でぎっしりでした

23日は時差ボケでしたが、翌日24日金曜日はまた別の仕事でビデオ撮りがあったのです

24日土曜日は今、メキシコ循環器病センターから一ヶ月間研修に来られている若手女性Interventional Caridologistである TiTi先生を鎌倉観光に連れて行きました この日 日本全国5月としては歴史上最高の猛暑であり、鎌倉も朝から35度ぐらいまで気温が上がり強い日差しでした それでも10:00AM病院玄関で待ち合わせ、大船駅まで25分間炎天下を歩き、そこで岩本理枝と待ち合わせ、三人で横須賀線次の駅である北鎌倉駅で下車しました TiTi先生が SuicaをiPhoneにインストールして自由に使いこなしているのを見て驚きました

北鎌倉駅より何処に行こうか迷ったのですが、結局まずは「明月院」に行きました そこの受付には岩本理枝の知り合いがたまたま出ておられ、挨拶してもちろん入場料を払い散策しました 名物の「あじさい」は未だ少ししか咲いていませんでした

明月院のあじさい
明月院のあじさい

明月院から次は「建長寺」に行ったのですが、なかなかの禅寺ですね

建長寺本尊
建長寺本尊

奥まった場所にある「半僧坊」は独特の雰囲気ですね そこまで急に階段を何段も登るのは暑い中大変でしたが、着いた先からは相模湾を見渡すことができものすごく良かったです

半僧坊
半僧坊
相模湾をのぞむ
相模湾をのぞむ

建長寺の次は、そのまま歩いて「鎌倉八幡宮」に行きました そのして八幡宮から「若宮大路」に出て、その脇の小路を散策していたところ、住宅街の一角、北条氏が切腹したと言われる場所に続く小路なのですが、その一角に古びたCafeを見つけそこに入りました

古民家カフェ
古民家カフェ

落ち着いた雰囲気でとても良かったですね 実は鎌倉の裏の小路にはこのようなCafeがたくさんあるのですが、僕が知らなかっただけのようです このようなCafeでは観光客で混乱する世界とは別世界を味わうことができます

TiTi先生
TiTi先生
つばめCafe
つばめCafe

この後、小町通りを歩き、鎌倉駅に、そしてそこからSuicaで江ノ電「長谷」駅に出て、そこからまた鎌倉大仏の背部の小路を10分ほど歩いていきつけのレストランに行き、合流した皆と一緒に遅い昼食を摂りこの日は解散しました

とても暑い日でしたが楽しかったですね

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です