だいぶん頭脳が Haskell脳になってきました

最近感じるのですが、これまでの半年間以上に渡る苦闘の末に、いやまだまだ末ではないのですが、自分の思考がなんだか変わりつつあるのを自覚するようになってきました。要するに Haskell脳になってきているのです。もっともその道のプロの方から見れば「赤ちゃん」のように幼稚な脳でしょうが、それでも変わりつつあります。

そのように自覚するのは、別に Haskellの勉強をしたり、プログラムを書いたりしている時ではないのです。日常生活で、フト今までとは違った思考をしているのに気づくのです。ようやくここまで来ました

-- Haskellで書いた
--リストより先頭文字が一致した項目
--を削除するプログラム
-- remove0.hs

remove' hanbetsu [] = []
remove' hanbetsu (x:xs) = if hanbetsu x
                          then remove' hanbetsu xs
                          else x:remove' hanbetsu xs

test_array = ["apple", "banana", "avogado"]

このソースコードは remove0.hsとしてセーブされています。
これでターミナルから以下のように打ち込みます

$stack ghci

これによりHaskell Interpreterが立ち上がりますので以下のようにプログラムのソースコードである remove0.hs

Prelude>:l remove0.hs

とすることによりコンパイルされますそして

Main>remove' (\(x:xs) -> x == 'b') test_array

とすることにより”banana”のみ無くしたリストが得られます。

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です