9月の忘備録

9月19から21日は名古屋国際会議場においてCVIT(日本心血管インターベンション治療学会)が開催され、僕もさまざまな役割で出席しました。でももう自分自身で演題を発表することもほとんど無くなっています。皆の発表の座長したり、新たな薬剤溶出性ステント治験のとりまとめしたり、そんな役割です。

夜は「味仙」という中華料理で夕食を摂りました。名古屋市内に3店舗あるらしいのですが、とても賑わっており活気のある非常に大衆的な中華料理の店でした。ラーメンにはとても辛いものもあり、その隠語が「イタリアン」なのです。

味仙のイタリアン
味仙のイタリアン

辛い辛いとは聞いていたのですが、僕には辛くありませんでしたし、翌朝必ず「***が***なる」と散々言われていたのですが、そんなこともありませんでした。

今回のCVITは何だか運営に無理があり、スケジュール管理も重複していたり、どちらかと言えば無茶苦茶な運営でした。今までこんな学会経験したことがありません。それほどひどい運営でした。

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です