カテゴリー
PHP SQL ただの現状記述 (Daily Activities) インターネット一般 (Internet General) プログラミング (Programming)

昨日よりぶったまげました

いやあ 昨日この現象に気づきました 原因精査にもう一杯一杯となってしまったのです 色々な懸案事項をそっちのけで原因究明に身も心も取られてしまいました

しかし、突然閃きが起こり全て解決しました。それは西暦年号が当然ながら現在は 2020年であり、2019年ではないからだったのです。

現在、鎌倉ライブデモンストレーションの Home Pageにアクセスして例えばコメディカル・セッションを覗いて下さい

そうするとこんなふうにもぬけの殻状態のページが見えるでしょう

もぬけの殻のページ
もぬけの殻のページ

我ながら最初にこの画面見た時、「あーっ、とてつもなく良くないことが起こっている、ページを乗っ取られたのかな」と頭の中が真っ白でした。冷静になり、local serverで動かしても同様なのです。これはおかしい、サーバーを乗っ取られたのであれば、ローカルでも同じ現象が出るのはおかしい、そのように考えました。

そして今朝、シンガポールでコーヒーを飲みながらテストしていて気が付きました。それは kamakuralive.net全体の設定ページに仕込んである次の一文です

$this_year = date('Y');

これにより例えば 次のSQL文が発行され、データベースからデータを読み込むのです

$stmt = $pdo->prepare( "SELECT * FROM `session_tbls2019` WHERE `class` = 'com' AND `year` = '" . $this_year . "' ORDER BY `sessionNo` ASC;" );

要するに、プログラムを時間経過から独立させるために、わざわざ $this_yearという変数を設定し、それを用いているのです。

当然のことながら、現在の date(‘Y’); という文は、’2020’を返します。従って、それに従う SQL文ではデータが無く、空白となるのでした。つまり年号が 2019年から 2020年に変わった途端に見かけ上データが表示されなくなるのでした。でもこれっていいことですね。昔のページが自動的に消失するに等しいのですから・・・

作成者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer.

Winner for Master Clinical Operator Award in TCT 2019.
Winner for Ethica Award in EuroPCR 2015.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です