こんなんで COVID-19を抑制できるのか?

僕は毎朝 6:30AM前後に自宅から20分自転車で病院まで出勤します。多少の雨にもめげずにがんばります。流石に最近はとても寒いのですが、それでも頑張っています。

ただ、最近の寒さ + マスク の組み合わせは時にとても危険です。それというのも、急速に呼気が冷えたメガネにあたり、そこで気体 -> 液体に相転換することによりメガネが曇り、その結果視界が急激に失われることがあるのです。特に暗くなった夜間では時に全く前が見えなくなりとても危険です。僕の場合には特に、安全のためにヘルメットを被るのですが、その首紐がマスクを強く押したりして何が何だか分からなくなってしまいます。

この危険な相転換を以下に防ぐか? まずは曇り止め液体、あるいは曇り止め布巾を試しましたが、全く効果がありませんでした。

仕方がありませんので、ヘルメットの首紐を締める位置を調整してみました。そうするとある場所と締める強さで多分呼気の流れが変わるのでしょうか あまりメガネが曇らない締め方があることに気づきました。もちろん顔の形なんて皆それぞれですので、一人ひとり違う締め方を見つけることが重要でしょう。

こんな話をしたのも、今朝も感じました。昨日「非常事態宣言」が発出されたにもかかわらずです。今朝 6:30AM頃、iPark (以前 武田製薬中央研究所があった場所)と東海道線が並行して走る1Km弱の道を自転車で走っていると、時々 東海道線東京方面行きや、小田原方面向きとすれ違います。

その時に、電車を見ると、何とこの早朝からたくさんの方々が列車の中で立っておられるのが見えました。グリーン車を除く全車両で満席どころか、満員電車なのでした。これって確実に Coronaさんが喜ぶ環境ですよね。

世の中「テレワーク」とか言っていますが、現実はこんなものなのでしょうね。全然働き方の形態が変わっていません。これではCOVID-19は今後も爆発的に増加するでしょう。間違いありません。

投稿者: Dr_Radialist (KAMAKURA & SAPPORO)

The most experienced coronary and valvular interventional cardiologist in the world.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA