いかんいかん移り気な

何だか朝のサイクリング、アメリカ訪問、ハリケーン Sandyなどにかまけて、すっかり DICOM XAから遠ざかってしまいました。それと共に急速に蓄えた知識を無くしていきます。

こんなことではいけない、と分かっているのですが、壁にぶつかりその壁の高さに全ての希望も打ち砕かれ、ただただ地を這うのみです。

そう言えば今朝も、鶴岡八幡宮から建長寺に抜ける長い心臓破りの急坂、これを登のに、そのはるかな頂上を見ることはできなくて、ずっと下を向き、ひたすらアスファルトの模様を追いかけていました。そこに至るまで、二回も衝撃が走ったのです。スー あるいは ジゴジゴと 音がしたと思ったらば、あっと言う間に僕の倍のスピードはありなむ、と思える速さでロード・サイクルに追い抜かれていったのです。

気休めは、それが海岸沿いで、比較的ロードでは走りやすい道路であり、決してその急坂ではなかったことです。

それにしても、自分の筋肉が相当に衰えてしまったことが良く分かります。それもありなん、です。ずっと少なくとも2年間は怠惰な生活を送ってきたからです。60歳を超えてからの貴重な2年間を怠惰に過ごしてしまいました。肉体と共に頭脳も衰えてしまいました。今言えることは、頑張ってそれらを取り戻すことのみです。

投稿者: (KAMAKURA & SAPPORO)Dr_Radialist

Expert Interventional Cardiologist and Amateur Computer Programmer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です