HorliXの少しの tips

さて皆様方は AppleStoreから HorliXを購入しましたか? OsiriXは二年間で 10万円以上のライセンス料が必要であり、二年ごとに更新が必要です 特に問題なのは、Logic Board上の固有番号を購入OsiriXは読み込み、これによる完全なソフトの copy protectがされていることです

不正なコピーを防ぐ目的ではこれは正しいと思いますが、しばしば Macが壊れるのです その時にはほとんどの場合、Appleにより Logic Boardそのものが新品に交換されるのです そこに OsiriXをインストールして以前の serial No.を入力しても二度と作動しません これが何を意味するか? つまり再度 OsiriXのライセンス料を購入せねばならないのです

こんなの馬鹿げています 本当にひどいですよね 他のソフトは殆どの場合そのメーカーのサイトにアクセスして ID/PWでアクセスすればライセンスが取得できません もちろんその時にはインターネットでつながっているマシンは同時には一台のみしか作動しないようになっています これがまともなコピープロテクトだと思います その点 OsiriXは最悪です!!!!

という訳で皆様方 HorliXにしましょう AppleStoreに行って、HorliXで検索すれば一発で出てきます

さて色々と分からない部分も多いでしょうね 僕がこれまで経験した tipsです

  1. OsiriXのデータを読み取るには?
    1. OsiriXのデータは通常は「文書」フォルダに OsiriX Dataという名前のフォルダにあります
    2. これは ターミナルからはたいてい $ls -l ~/Documents というコマンドを叩けば Osirix\ Data という名前で確認できます
    3. HorliXでは ファイル -> import でこれを読み込めます
  2. Albumを読み込むには?
    1. Albumは便利でありまた分類するのに重要ですよね まず OsiriX側で ファル -> アルバム -> アルバムを保存 とメニューをたどりどこか 自分は デスクトップに 書き込みました 僕の膨大な DICOM fileでもアルバムのサイズはたかだか 800KB程度でしたのでメールでも送れますね
    2. ついで、このアルバムを HorliX側では ファイル -> Album -> import albums で読み込みます
    3. これで完璧に OririXのアルバムも HorliX側に読み込むことができました めでたしめでたし
  3. HorliXのデータはどこにあるの?
    1. これは Unix/Linus commandsをターミナルで自由に打ち込めねばなりませんので良く分からない人は手を出さないで下さい データなど重要なファイルを壊して二度と Macが立ち上がらなくなる危険がありますので
    2. ターミナルで通常の Unix commandである findを用います
    3. $find / -name HorliX\ Data
    4. このコマンドにより大量のリストが出てきますが、その中にあります
    5. このパスを記録しておけば、HorliX Dataをどこにでもコピーできますね

以上 HorliXの Tipsでした でもHorliXのメニューまだ完全には日本語化されていませんね あと、ペインが左右に拡大できないバグもあります 作者の方には改善をお願いしましょう

HorliX日本国内実質的な第一号ユーザーとして – (2)

今 San Juan空港で Houston行きの便を待っています あと少しで出発です この空港には何と Free WiFiが無く、スマホからアクセスしています

さて、少しこのサンファンのことについて書きましょう 何百年か昔、コロンブス達がスペインからカリブ海に押し寄せてきました そしてあっという間に占領し、このサンファンに砦をつくりました 今ではその砦は保存されています 見た目は美しいのですが、実際には何万という人々の命が失われたのでしょう

第一号砦
サンファン砦
サンファン砦

さて HorliXですが、良いですよ OsiriXで溜め込んだ数十GBの DICOM dataを問題無く読み込め、再生できています 一つ気づいた点がありましたが、これは開発者の Air様に問い合わせています ところで Air様が僕が第一号ユーザーであることを公開して下さいました とても光栄で嬉しいことこの上無しです

さてこのプエルトリコには医科系大学が 3つありますが、カテ室もその3つのみです Interventional Cardiologistsは全土で 40名ぐらいしか存在せず、しかもその全員が冠動脈インタベという訳では無いそうです この方たちが集まって今回 Sheraton Hotelで学会が開催されました とても heated discussionが繰り出されるのですが、スペイン語で早口で言うので良く分かりません

Grovas先生とのとっておき写真

僕はこの学会で30分ずつ 2演題の講演をしました それが昨日土曜日のことです そして今朝 日曜日の 4:30AMにホテルを出てこのSan Juan空港で今 6:00AM前 Houston行きの便を待っています 早く日本に戻りたいものです

でも、正直この生涯で Puerto Ricoに行くとは思ってもいませんでした 世界が広がりました

なんにせよ Puerto Ricoはとても良い国です 日本で言えば 丁度「石垣島」という雰囲気でしょうか

カリブ海に面した美しいレストラン