国家の力

パリ CDG空港(シャルル・ド・ゴール空港)では急激に発達した低気圧による雨と強風のため、18:30発の Amsterdam行き KLM航空飛行機は駐機場で待機しました 機長アナウンスでは、強風のため飛び立てない可能性あり、暫く待機する、とのことでした

僕は急速に襲ってきた睡魔のためそのアナウンスを聞きながら意識消失発作に陥りました そして、気が付くとアムスのスキポール空港に着陸していました 結局、予定時刻よりも20分ぐらい遅れての到着でした

そこからタクシーで Kiemeneij (キムニー)先生ご自宅に30分以上かけて移動したのです 日本から Slender Club Europe立ち上げのために参加されたお医者さんと企業の方々が20名程度が集まり到着を待っていて下さいました

キムニー先生のご自宅はアムス近郊の高級住宅街にあり、とても大きなお屋敷でした ご家族も全員集まっておられました

キムニー先生は僕よりも1歳あまり年下ですが、奥様との間に四人のお子さんがおられます 息子さん二人、娘さん二人と理想的な割合ですね 長男の方にはかれこれ10年ぐらい前にキムニー先生が北京に連れてこられた時にお会いしました その時は今だ10歳くらいだったと思います それが立派な成人となられていました

時の移ろいを感じると共に、その時僕が感じたのは、「これがオランダの実力なんだ」と思ったのです 現在の日本において、このような子供四人を育てている家族が一体どれだけ存在するのでしょうか? 色々なことを考えさせられました

Parisでの一日

昨夜は、時差ボケであまり睡眠できませんでした 6:30AMにはホテルのCafeに降りて、早めの朝食を摂ろうとしたのですが、 7:00AMからしか開かないので仕方なく待っていました

7:45AMに Centre Hospital Universitat Henri Mondorに留学中の古田先生が迎えに来て下さりました ホテルから地下鉄で40分ぐらいかけて Henri Mondorに到着しました この病院はパリ東部に位置する病院で、Paris大学付属のとても大きな臨床病院です 循環器科が所有するカテ室は三室で、あと三か月すれば四番目のカテ室がオープンする、とのことでした 玄関入り口のヘリポートには患者搬送用のヘリコプターが常時待機していました

Hospital Henri Mondor

この病院では CoreValveによるTAVIを年間 100例ぐらい行っており、この日も一例TAVIがありました 僕も手洗いをして一緒について行いましたが、非常にスムーズに行われました

IMG_0597 IMG_0602

その後、教授の Professor Emmanuel Teiger先生に連れられて院内のカフェで Espresso Cafeを飲み、その後いよいよ慢性完全閉塞を治療しました 症例は右冠動脈の慢性完全閉塞であり、2013/05月に二回に渡り、順行性、逆行性に試みられたのですが、不成功でした

回旋枝からの非常に蛇行した心外膜副血行路から右冠動脈末梢に入りましたが、閉塞部は非常に固く、結局順行性にも逆行性にも Conquest-Pro 9で両刺しにして、ようやくワイヤーが進みました そして、一部石の様なプラークに小さな裂け目が入り、そこから順行性にも逆行性にも別々の解離腔をワイヤーは互いにすれ違いながら進みました

この状況はしめたもので、順行性に何とか 1.25mm balloonを進め、2.5mm balloonで順行性に解離腔を拡げ、そして逆行性にM3Ultimateにより慢性完全閉塞近位部真腔にワイヤーを通過させ (典型的な Reverse CART technique)、そのまま順行性ガイドカテに挿入できました

その後は、型通り Externalizationを行い、最終的には薬剤溶出性ステント三本を植え込んで見違えるような冠動脈になりました

IMG_0625 IMG_0620

これが終了したのが、13:30でした 実はこの後、もう一例慢性完全閉塞を治療する予定でしたが、あいかわらずタクシー組合がストをしていて、しかも、そのストが大通をタクシーで封鎖する、というストなので、空港方面に向かって大渋滞であり、アムステルダム行の便に乗れない可能性があり、14:00にタクシーでパリ市内の北駅まで行き、そこから電車で CDG空港に向かったのです

パリ到着

2/11(火)成田空港発のAF便でパリに飛びました 明日パリ市内の病院でTAVI見学と、慢性完全閉塞症例治療があるからです 明日夕方にはアムステルダムに飛ぶのです

飛行機は若干遅れて、17:40頃到着、シャルル・ド・ゴール空港のタクシーはストライキで、全く無し

仕方なく、バスに乗ることにしたのですが、30分以上待ってオペラ座広場行きのバスが来ました しかし、搭乗しようとすると、運転手さんが、オペラ座まで 2.5時間かかる、と言われるのです ものすごい渋滞のようでした

このため、今度は電車に乗ることにしました 電車を乗り継いでオペラ座広場に到着し、ようやくホテルにたどり着きました

今夕は、明日行く病院の教授先生とお食事の予定でしたが、とても間に合わないので、キャンセルしました これから遅い夕食に出かけることにします

大雪顛末

2月8日土曜日は大雪でしたね その日は朝から薬剤溶出性ステント治験を開始しました その間にもひどい雪 何とか自宅に戻り着きました

日曜日には自宅前の道路の雪かき(北海道の方々は、「雪はね」と言われます)をして、足腰すっかり痛めてしまったのです おまけに今朝は歩いて通勤途中思い切り後頭部から転倒 多分硬膜下血腫にはならないと思いますが、この先行動が変になれば、慢性硬膜下血腫を疑って下さい

札幌は大雪

今朝の千歳行きANA便は、最後のジャンボ機でした 相当古くなっていますよね 今月か来月いっぱいで退役予定だそうです

満席のため、出発は予定時刻を15分ぐらい過ぎてでした 千歳空港に着くと、一面の雪景色でしたが、快晴、気温は零下 しかし、道央自動車を札幌に向けて進むと、吹雪 既に旭川方面は吹雪のため通行止めで、伏古インターから下に降りても、大渋滞

本日午後早く羽田に戻る予定なのですが、高速道路が動いているかどうか?

またまた素晴らしいTAVIの手技

本日は朝から二例の経カテーテル大動脈弁植え込み術 (TAVI/TAVR)がありました 一例目は体格の大きめの方であまり問題は無さそうでした しかし、二例目はとても小さな方で、石灰化も強く、また冠動脈も低く、問題大有り症例でした これは緊張しましたね

ところが、やはりTAVIです まるで内戦後の麦畑のように、何処に地雷があるか分かりません あるいは、ゲリラの仕掛けた竹槍つきの落とし穴があるのです どんなに straightforward caseと思われでも決して気を抜くことはでません

それでも一例目は最高の出来で終了しました 素早く終了しました

二例目は、無茶苦茶360度に気を配りながら行いました 冷静に行いました 一つ間違っていれば危なかったと思いますが、全て何事も無かったかのように終了しました 時間も左程かからなかったのです

こうやって、色々な問題点を察知し、それに対して色々な対応を立てながら、進歩していくのでしょう やはりつくづく思いますが、TAVIを行うためには豊富なカテーテルの経験と知識、それに何より強い冷静な心と、卓越したテクニックが必要だと痛感しました

あっという間に終了TAVI

本日もTAVI 1例実施

Straightforward caseとは言え、KAMAKURA Heart Teamの皆で術前しっかりと検討しました 議論がとても有意義で、新たなアイディアも浮かんできます

実際の手技はあっという間に終了し、とても良好な結果でした 本当にあっという間になのです でも、これで患者さんの状態がとても良くなるのだから素晴らしいと思います

金沢スレンダー

金曜日夜に金沢に入りました 夕食は、野々市 (金沢市に隣接した市ですが、有名企業が多くあり、莫大な税金が入ってくるので、金沢市との合併を拒否している市)にある、太平寿しに二年ぶりに行き、おいしい鮨を食べました。何時行っても感激する内容です。

昨日土曜日は朝から、金沢循環器病院において 金沢スレンダー・ライブデモンストレーションが行われました。金沢循環器病院は、もう20年以上になると思うのですが、現在の最高経営責任者であられる名村先生が移られた時から馴染みがある病院です。現在では石川県における循環器治療の中核病院となっています。この病院でスレンダー・ライブデモンストレーションが行われたのは、2009年以来5年ぶり、ということでした。

朝一番の治療が用意されていました。患者さんは右冠動脈の慢性完全閉塞で、半年ぐらい前に、左冠動脈回旋枝の完全閉塞に対して薬剤溶出性ステントが植え込まれ、その時に右冠動脈に対しても経皮的冠動脈インターベンションが試みられましたが、残念ながら不成功であったそうです。朝病院に到着してからシネを拝見しましたが、何だかとても難しそうで、「まあやるだけやるか」という気分になりました。スレンダーということなので、両側橈骨動脈より治療を行いました。

順行性にはとても無理だろう、という判断からしつこく逆行性ルートを探しました。何本かのトライの後、一つの中隔枝を抜けて、右冠動脈末梢に入りました。Corsairも Finecrossも通過できませんでしたので、1.20mm balloonでそのルートを拡張し、Finecrossを持ち込みました。その後はスムーズに進行し、最終的には1.5時間で成功裏に終了しました。とても嬉しかったです。

ところで、OSXには最初から vimがインストールされていますが、Homebrewでvim最新版7.4をインストールしました。さらに、MacVimというのもインストールしました。ついでに Windows側にも vimをインストールしました。これまで Windowsでもvimが走る、ということ知りませんでした。

vimというのは Unix標準のテキスト・エディタである viを一人の優秀なプログラマが改良して公開しているものです。Vi IMprovedで vimと称するのです。今では Unix/Linux標準のテキスト・エディタとなっています。vimに関しては、どうしても慣れておかないと、イザという時にコンピューターの操作ができなくなりますので、必須のスキルです。