キュートで一石二鳥

OSXなどの Unix X11 window systemで比較的手軽に user interfaceを伴ったプログラムを作成するには 通常二通りのやり方が推奨されているようです

もちろん、その一つは OpenGLです これは昔未だマイクロプロセッサーのパワーが非力であった頃に、既にグラフィック・ワークステーションを世に出していた Silicon Graphicsという会社が グラフィック・プログラム策定のためのプログラミング・フレームワークを開発し、後にそれを Open Sourceとして無償で世の中に提供したものです 現在ではグラフィックの標準として使われていて、Versionも 4.1ぐらいになっています これに対して Windowsの世界で用いられてきたのが、DirectXや MFCなのです

正直僕はずっと Windowsの世界に浸っていたので、MFCは勉強していたのですが、OpenGLは無知でした 残念

そして、もう一つのOpen Source Frameworkが「キュート」とも呼ばれ、英語では「Qt」と呼ばれているものであり、これは今は無き携帯電話の王様であった Nokiaが開発していたものです

現在はOpen Sourceとして公開され、最新のものは Version 5.01とかになっています

ただ、Qtに関しては、情報が少く、自分でマニュアル もちろんこれは英語ですが・・・ を呼んで勉強せねばなりません その独特の世界の中にまずは入り込むのが困難なのです 日本語の書籍も古いものしかありません

Qtでは全面的に C++を言語として用い、たとえば OSX上でプログラムを書けば、ほとんど変更無しに、Windowsでも Linuxでも、また少し変更すれば、iOSでも Androidでも動いてしまう、という驚異的な生産性の高さなのです

ですから、ずいぶん迷っていたのですが、僕は最近こちらに傾いています、それは、先に開発した Windows上の DICOM XA Viewerを OSXに移植する件ですが、それを Qtを用いて行おうと思っています

とは言っても資料が少ない、困った挙句、そうだ と思いついたのです そして、検索してみると
やったね!
何と YouTubeにシリーズであったのです もちろん英語ですが、僕にしてみれば、英語と Qtの勉強で一石二鳥です

本日も素晴らしいTAVIの手技

ということで、今朝になりました 今朝は夜調子悪かったのですが、朝になれば元気になりました だって、今日もTAVI二例ですから・・・ しかも、1例は非常に重症の方ですから・・・

8:30AMからのTAVIカンファランス お互いに意見を出し合ってとても勉強になりますし、本日の治療に関して自信も出ます

今日も大腿動脈より二例治療しました とても腸骨動脈の動脈硬化がひどく難儀しましたが、血管外科の精鋭にも助けて頂き、何とか切り抜け大成功でした 患者さんも非常にお元気であり、嬉しいものです

うーん治療する方としては一日二例では物足りない 四例ぐらいあっても良いかな まあ勝手に調子に乗るのはいけないですね

ずっとこればっかり

頭の中でずっと、OpenGL/GLUT/GLFWのことばかり考えています 何しろ少し前まで OpenGLは別として GLUT/GLFWのことを知らなったのです 何しろ情報が少ない!!!

しかし、その割には OpenGLは、OSXのみならず、色々なディバイス 携帯電話などでもふんだんに使用されているのです

OSX10.9になってから、AppleはGLUTを非推奨としたようです 未だに Xcode 5.1のライブラリには同梱されているのですが・・・

ということで、色々調べると GLUTではなく、GLFWを使用するのが吉、というように記載があります しかしながら、この部分もまた情報は少ない 何とか色々やって、XcodeでGLFWを用いてカラー画像を出すことに成功しましたが、BMP画像の読み込みには失敗しています

それに更に調べると、freeglutというライブラリがあり、どうやらこれを使用するのが OSX10.9以降推奨されているのかな? という感じです freeglutに関しては、Homebrewを用いて OSX10.9に簡単にインストールできましたし、/usr/local/include/GLにリンクが貼られました ということは、多分 #include <GL/***>などとすれば Xcodeで使用できるのでしょうかね?

まあ朝から晩までこんなことばかり考えているのです とは言いながら仕事はしています

まずは先週末から

7/04(Fri)には札幌からJR北海道特急「あおぞら」の乗り、函館本線-石勝線-根室本線経由で帯広に移動しました そして、夜 帯広の研究会で講演を行ったのです、その後 もう 21:30頃になっていましたが、タクシーで3時間かけて「帯広道」-「道央自動車道」-「札樽自動車道」経由で今度は小樽に移動、小樽のホテルに到着したのは 0:30AMでした

そして、7/05(SAT)には小樽市立こころと脳・心臓の病院において開催されたスレンダークラブ in 小樽で朝からライブデモンストレーション症例の治療をしました とっても難しい二枝慢性完全閉塞の三枝病変の方でした 二時間頑張りましたが諦めました

そして、今度は千歳に移動し、13:30発の ANA便で羽田に戻ったのです

7/07(MON)には、夜東京秋葉原のスタジオで、Web Seminarの講師をしました 初めての経験でしたが、なかなかおもしろいものでしたよ

という訳で本日になるのですが、本日のことはページを変えて記載しましょう

OSXで描画に再挑戦

今朝も札幌に入っています 何を思ったか飛行機の中で、突然 暫く投げていた OpenGLに再挑戦する気になったのです そして、パラパラ調べ、暫く触っていなかった XCode 5.1.1を取り出し、プログラムを書いたのです

 

そして そして 下記のような画像を出すことに成功しました これを発展させて、OSXでも DICOM Viewerを作成するのだ

OpenGL

今日もTAVI

本日も二例のTAVI実施

当初とても重症と緊張していましたが 終わってみれば非常に良好 患者さんもお元気で本当に良かったなあ

今日もまたTAVIに関して学ぶことあり、合間には Haskellのお勉強もしながらでした あいかわらずTAVI、そしてPCI、そして外来診療と時間が過ぎて行きます

やったぞ

昨日は送別会・歓送会がありました 7月から当科の陣容から 2名が少くなり、大変です まあそれなりに態勢を整えねばなりませんね

さて、最近数日の懸案であった Bootstrapの js codeについてようやく理解できるようになってきました

これは、Twitterが開発し、公開しているものであり、近年話題の Flat Interfaceに対応すると共に、ディバイスに対して自動的に大きさや並びを変化させるものです

これまで、cssを用いただけのものは実際に Webに uploadもしてきたのですが、javascriptをふんだんに使っているものは理解していませんでした やはりこれまで知らなかった世界に入れるのは嬉しいですね